明石藩舞子台場跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

明石藩舞子台場跡(あかしはんまいこだいばあと)は、兵庫県神戸市垂水区舞子公園にある砲台跡。舞子砲台跡とも。国の史跡に指定されている。

背景は明石海峡大橋と淡路島

概要[編集]

幕末文久3年(1863年)、将軍徳川家茂による大坂湾の海防状況視察の際に、砲台拡充の幕命を受けた明石城松平慶憲により築造された。工事は勝海舟の設計・総指揮、設備担当は幕使佐藤與之介、施工は明石藩で、ほか神戸海軍操練所等の協力による。竣工は1865年

建設の目的は、淡路島北端(淡路市)の徳島藩松帆台場跡(国の史跡)と対になって両岸から明石海峡瀬戸内海と大阪湾をつなぐ海峡)を通過する黒船を挟撃することであったが、一度も使用されることはなく現在に至っている。

建築概要[編集]

当時の一般的な台場は上部が土盛り形式であった。 しかし当台場は総石垣造である。 半星形稜堡で幅約70m、高さ約10mという規模で建設されるも、明治時代末の火災により上部が撤去されたため高さ6mとなった。 2003年~2004年の発掘調査で全容を確認できたが、保存のため埋め戻されたため、現在は台場の一部と石垣の一部が地表に露出しているだけである。

ギャラリー[編集]

交通アクセス[編集]

周辺情報[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度37分58.5秒 東経135度1分56.2秒