明るい表通りで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

明るい表通りで」(あかるいおもてどおりで、On the Sunny Side of the Street)、あるいは、「オン・ザ・サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート」は、ジミー・マクヒュー (Jimmy McHugh) 作曲、ドロシー・フィールズ (Dorothy Fields) 作詞の1930年の曲で、ハリー・リッチマン (Harry Richman) とガートルード・ローレンス (Gertrude Lawrence) が主演したブロードウェイミュージカルリュー・レスリーのインターナショナル・レビュー (Lew Leslie's International Revue)』で最初に紹介された。

その後この曲は、ジャズスタンダード・ナンバーとなり、多くの場合は器楽演奏で、テッド・ルイス (Ted Lewis)、デイヴ・ブルーベックアール・ハインズ (Earl Hines)、ルイ・アームストロングベニー・グッドマンライオネル・ハンプトンエロル・ガーナーディジー・ガレスピーアート・テイタムカウント・ベイシーといったジャズの巨人たちによって録音が残された[1]

1938年10月には、ファッツ・ウォーラーと彼のリズム (Fats Waller and His Rhythm) が、ルイ・アームストロング、ジャック・ティーガーデン (Jack Teagarden) と一緒に、マーティン・ブロック (Martin Block) のラジオ番組『メイク・ビリーヴ・ボールルーム (Make Believe Ballroom)』でこの曲を演奏した。このバージョンは、1981年スミソニアン・フォークウェイズ (Smithsonian Folkways) から発売されたアルバム『Striding in Dixieland』(FW02816) に収録されている。

フランキー・レインはこの曲を録音してヒットさせたが、ほかにもダイナ・ワシントンエラ・フィッツジェラルドジュディ・ガーランドキーリー・スミス (Keely Smith)、ナット・キング・コールジョー・スタッフィード (Jo Stafford)、フランク・シナトラら名だたる歌手がこの曲を録音している。異論もあるものの、最も優れた編曲は、1945年トミー・ドーシーとザ・センチメンタリスツによる録音のものとされている。

出典・脚注[編集]

  1. ^ "On the Sunny Side of the Street" Search Results February 17, 2012.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]