旧石器食事法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

旧石器食事法(きゅうせっきしょくじほう);または「パレオリティック・ダイエット」や「パレオ・ダイエット」)、西洋で話題のダイエット法で、英語では「hunter gatherer diet(狩猟採集社会食事法)」、「caveman diet(穴居人ダイエット)」とも呼ばれています。旧石器時代(Paleolithic Era)の野草と野生動物を中心とした食生活を真似たダイエット法です。

農業の発達により穀物を中心とした食生活が広まり、我々の食生活は大きく変わりました。

現代のパレオダイエットは、日常的に簡単に入手できる魚、牧場肉、卵、野菜、キノコなどの菌類、根菜、ナッツ類を中心としています。また、穀物、豆類、乳製品、芋類、精製塩、精製砂糖、加工油は禁止しています。

胃腸病専門医のウォルター・L・ヴォーグトリン(英語版[1][2]によって、70年代中期に最初に流行したこのダイエット法は、多くの著者や研究者によって薦められてきました。[3]

旧石器の考え方は、人間の遺伝学が農業が始まった頃からほとんど変わっていないという考え方に基づいています。この考え方は進化論医学のテーマの一つです。パレオダイエットでは、現代人は旧石器時代の先祖の食生活を遺伝的に受け継いでいると考えます。そのため、健康であるための理想的な食事法は、我々の旧石器時代の先祖と同じような食事をとることであると考えます。

また、このダイエット法の提案者は以下のように主張しています。「旧石器時代と同様の食生活を送っている人が現代にもいます。その人たちの多くは、豊かさから生じると言われる『現代病』にかかりません。」[4][5] 複数の研究結果から、パレオダイエットは他の様々なダイエット法より良い結果を示していると指摘します。[6]さらに、農業が始まる以前の食生活には、健康維持に良い栄養上の特徴が多くあるとも指摘します。

パレオダイエットは、栄養学者[7][8]と人類学者[3][9]の中で物議をかもしているダイエット法です。

  1. ^ Voegtlin, Walter L. (1975). The stone age diet: Based on in-depth studies of human ecology and the diet of man. Vantage Press. ISBN 0-533-01314-3. [要ページ番号]
  2. ^ Smith, Emma (2008年10月12日). “The Ray Mears caveman diet”. The Sunday Times. http://www.timesonline.co.uk/tol/life_and_style/men/article4919415.ece 2008年11月1日閲覧。 
  3. ^ a b Richards, Michael P. (December 2002). “A brief review of the archaeological evidence for Palaeolithic and Neolithic subsistence”. European Journal of Clinical Nutrition 56 (12): 1270–78. doi:10.1038/sj.ejcn.1601646. PMID 12494313. 
  4. ^ Kligler, Benjamin & Lee, Roberta A. (eds.) (2004). “Paleolithic diet”. Integrative medicine. McGraw-Hill Professional. pp. 139–40. ISBN 0-07-140239-X. http://books.google.com/books?id=-JUcjUGBV6kC&pg=PA139&lpg=PA139&dq=environment+%22paleolithic+diet%22&source=web&ots=DtSWPqB2z6&sig=Zpbk072sJouGFh2ApjHafftTP4o#PPA139,M1. 
  5. ^ Eaton, S.Boyd; Cordain, Loren; Lindeberg, Staffan (2002). “Evolutionary Health Promotion: A Consideration of Common Counterarguments”. Preventive Medicine 34 (2): 119–23. doi:10.1006/pmed.2001.0966. PMID 11817904. 
  6. ^ Frassetto, L A; Schloetter, M; Mietus-Synder, M; Morris, R C; Sebastian, A (2009). “Metabolic and physiologic improvements from consuming a paleolithic, hunter-gatherer type diet”. European Journal of Clinical Nutrition 63 (8): 947–955. doi:10.1038/ejcn.2009.4. PMID 19209185. 
  7. ^ Cannon, Geoffrey (June 2006). “Out of the Box”. Public Health Nutrition 9 (4): 411–14. doi:10.1079/PHN2006959. 
  8. ^ Nestle, Marion (May 1999). “Animal v. plant foods in human diets and health: is the historical record unequivocal?”. Proceedings of the Nutrition Society 58 (2): 211–18. doi:10.1017/S0029665199000300. PMID 10466159. 
  9. ^ Milton, Katharine (2002). “Hunter-gatherer diets: wild foods signal relief from diseases of affluence (PDF)”. In Ungar, Peter S. & Teaford, Mark F.. Human Diet: Its Origins and Evolution. Westport, CT: Bergin and Garvey. pp. 111–22. ISBN 0-89789-736-6. http://nature.berkeley.edu/miltonlab/pdfs/humandiet.pdf.