旧牧田家住宅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
旧牧田家住宅
Old Makita Residence.jpg
情報
旧用途 住居
構造形式 数奇屋書院造
階数 地上2階
竣工 1760年(主屋)、1838年(付属屋)
所在地 682-0873
鳥取県倉吉市東岩倉町
テンプレートを表示

旧牧田家住宅(きゅうまきたけじゅうたく)は、鳥取県倉吉市打吹玉川重伝地区にある歴史的建造物。歴史的経緯から、倉吉淀屋とも表記される。

概要[編集]

大坂の豪商、淀屋闕所後、暖簾分けとして淀屋を受け継いだ牧田家の、住居として建てられた建物。以前は土蔵なども存在したが、現在は主屋と付属屋のみが残っている。 明治時代初期に牧田家が断絶した後は郵便局借家として使用されたが、1979年昭和54年)の調査により建物の価値が見出された。 平成18年に建物が倉吉市に寄贈された際、土地と付属屋を市が購入し、平成19年から保存修理工事が行われた。

調査の際に確認された棟札より、主屋は1760年宝暦10年)の建築、付属屋は1838年天保9年)の建築であることが判明している。

周辺[編集]

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]