日高壮之丞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日高 壮之丞
Sonojo Hidaka 01.jpg
日高壮之丞
生誕 1848年4月26日
死没 1932年7月24日
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1873 - 1918
最終階級 海軍大将
テンプレートを表示

日高 壮之丞(ひだか そうのじょう、嘉永元年3月23日1848年4月26日) - 昭和7年(1932年7月24日)は、日本海軍軍人海軍大将勲一等功二級男爵

経歴[編集]

鹿児島県出身。薩摩藩士・宮内清之進の次男。日高籐左衛門の養子となり家督を相続。

慶應義塾を経て明治3年(1870年)、海軍兵学校2期海兵寮)。明治6年(1873年)の「筑波」(イギリスから購入した軍艦)乗り組みを始めとして尉官時代の10年間を海上勤務で過ごした後、少佐進級と共に明治19年(1886年)、参謀本部海軍部第二局第一課長に補職され軍政面でも頭角をあらわす。エルトゥールル号遭難事件では、「金剛」艦長として生存者の送還にあたった。日清戦争巡洋艦橋立艦長として戦功があり猛将として知られるようになった。

日露戦争の開戦をひかえて編成された連合艦隊司令長官には、当時、常備艦隊司令長官であった壮之丞が親補されるのが通例であったが、山本権兵衛海軍大臣は壮之丞を更迭し舞鶴鎮守府司令長官だった東郷平八郎を推挙した。薩摩閥を代表する提督であり山本とは海兵寮の同期であった壮之丞の更迭は、政府の戦争指導部に困惑と不安を生じ、明治天皇から山本に「なぜ日高を東郷に代えたのか」と直に下問があり、山本は「東郷は運のいい男ですので」と奉答したという。その後も東郷起用に対する部内の不安は払拭されず、翻意を迫る者もあったが山本は拒絶した。一説には更迭直後、憤慨した壮之丞は山本に短剣を突きつけ「これで俺を突き殺せ」と言ったと伝えられるが、その後、山本の意を汲んで将官会議等に自ら東郷起用への支持を表明している。

更迭の理由は通説によれば、壮之丞は優れた提督であったがそれだけに自負心が強く、場合によっては上級指導部の指示に従わない恐れがあると判断されたためという。また、海兵寮同期であった山本とは当時からあまりウマが合わず、4歳年長であった壮之丞がしばしば山本を軽んじる態度を見せたためともいわれている。しかし、当時海軍次官であった斎藤實が後年語ったところによると、壮之丞は健康を害しており指揮を執れる状態になかったためであり、事実東郷と入れ替わりに舞鶴鎮守府長官となってから日露戦争中も療養を続けていたことからも裏付けられる。

明治40年(1907年)、西南戦争、日清戦争、日露戦争での軍功により功二級、男爵位を授けられる。明治41年(1909年)、海軍大将となって待命昭和7年(1932年)、84歳で死去。

なお、日高家は昭和17年(1942年)に爵位を返上している。孫の日高盛康(海兵66期卒)は戦闘機搭乗員として太平洋戦争を戦い抜いた。

年譜[編集]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第476号、大正3年3月3日。
  2. ^ 『官報』第1690号、大正7年3月25日。
  3. ^ a b c 『官報』第7072号、「叙任及辞令」1907年01月28日。

参考文献[編集]


軍職
先代:
尾本知道
竹敷要港部司令官
第4代:1900年 - 1902年
次代:
片岡七郎
先代:
角田秀松
常備艦隊司令長官
第13代:1902年 - 1903年
次代:
東郷平八郎
先代:
東郷平八郎
舞鶴鎮守府司令長官
第2代:1903年 - 1908年
次代:
片岡七郎