日要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日要(にちよう、1436年11月3日永享8年9月16日) - 1514年12月12日永正11年11月16日))は、室町時代中期から後期にかけての富士門流の僧。日向国の出身。三河阿闍梨と称する。

安房国保田妙本寺第11世。三度天奏し綸旨を賜る。多数の著作を残した。 数多くの功績等から保田妙本寺の中興と仰がれている。

略歴[編集]

著述[編集]

  • 宗祖遺文注釈書
    • 法華本門開目抄聞書(『興風叢書2』収録 興風談所刊)
    • 一代大意抄見聞(『興風叢書3』収録 興風談所刊)
    • 四信五品抄草案私(『興風叢書3』収録 興風談所刊)
    • 法華本門本尊問答抄聞書(『興風叢書3』収録 興風談所刊)
    • 当体義抄聞書
    • 治病抄聞書
    • 法華取要抄聞書
    • 三大秘法抄聞書
    • 新池抄聞書
    • 立正安国論見聞
    • 顕仏未来記聞書
  • その他
    • 富山一流草案
    • 富士門流口決草案
    • 日要愚案
    • 御本尊色心相承
    • 富士山所立抄 等多数

関連項目[編集]