日菜太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日菜太
基本情報
本名 渡辺 日菜太
通称 湘南の腕殺し
湘南の太陽
湘南王子[1]
階級 ミドル級K-1
国籍 日本の旗 日本
誕生日 1986年8月26日(28歳)
出身地 神奈川県平塚市
身長 181cm
体重 70kg
テンプレートを表示

日菜太(ひなた、男性、1986年8月26日 - )は、日本キックボクサー。本名は渡辺 日菜太(わたなべ ひなた)。神奈川県平塚市出身。クロスポイント吉祥寺所属。初代RISE70kg級王者。

ミドルキックを得意としており、左ミドルのみで相手を圧倒することも多い。他にも「左だけで7種類の蹴りを使える」と話す通り[2]ローキック三日月蹴りなど様々なキックを得意としている。

平塚学園高校[3]神奈川大学理学部化学科卒業。K-1初参戦3日前の2009年2月20日には大学の卒業研究発表を行った。

来歴[編集]

小学生の時、母親の影響で空手を始める。

2004年平塚学園高校3年でサッカー部を引退した後、市内にあった湘南格闘クラブに入門。

2004年9月5日、第5回PRIDEチャレンジで高橋基希と対戦し、3-0の判定勝ち。

2005年3月27日、R.I.S.E. KAMINARIMON 70kg以下トーナメント(8人出場)で優勝を果たした。

2005年6月19日、R.I.S.E.でプロデビューするも、吉川英明に判定負けを喫した。

2007年12月16日、R.I.S.E. DEAD OR ALIVE TOURNAMENT '07に出場。1回戦で拳士に判定勝ちしたものの、準決勝で龍二にKO負けを喫した。

2008年3月2日、K-1 JAPAN TRYOUT(ミドル級)を受験し、合格を果たした[4][5]

2008年5月11日、R.I.S.E. 46で初代70kg級王者決定戦進出を賭け白須康仁と対戦。2Rにバックハンドブローでダウンを奪うなどして、判定勝ち。

2008年7月4日、R.I.S.E. 48で龍二と初代70kg級王者決定戦で対戦し、判定勝ち。初代R.I.S.E.70kg級王者となった。

2008年11月30日、R.I.S.E. 51のメインイベントでHAYATOと対戦し、判定勝ち。K-1 WORLD MAX 2008 〜日本代表決定トーナメント〜で準優勝を果たしたHAYATOに勝利したことで、試合後には「R.I.S.E.のチャンピオンになったので、今度はK-1でもチャンピオンになりたい」とK-1参戦をアピールした。

2009年2月23日、K-1 WORLD MAX 2009 〜日本代表決定トーナメント〜でK-1初参戦。トーナメント組み合わせ抽選会では1回戦で前年度日本王者の城戸康裕との対戦を希望し、実現。2Rにパンチでダウンを奪われるも、それ以外の場面では得意の左ミドルキックの連打で圧倒していたためポイントはイーブンとなり延長に持ち込み、左ミドルで完全に城戸の右腕を破壊して判定勝ち。しかし、大会前から鼻骨を骨折しており、それが悪化したため準決勝はドクターストップとなった。

2009年7月13日、K-1 WORLD MAX 2009 FINAL8で、ジャバル"チンギスハン"アスケロフと対戦し、延長戦で判定勝利を目前でダウンを奪われ逆転の判定負け。

2009年10月26日、K-1 WORLD MAX 2009 FINALマイク・ザンビディスと対戦し、ローブロー気味の左ローキックでダウンを奪い判定勝ち。再三にわたってローブロー気味の蹴りを蹴っており、2度にわたってローブローでザンビディスがリングに倒れこむシーンもあり、ダウンはその直後だった。しかし減点、注意は無かった。

2010年1月24日、1年2か月ぶりの参戦となったRISEでオ・デュソクと対戦し、大差の判定勝ち。

2010年3月27日、K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg Japan Tournament〜に出場。トーナメント組み合わせ抽選会では前年度K-1 MAX世界トーナメント3位の山本優弥を自ら1回戦の相手に指名。「事実上の決勝戦」と評されたこの試合でも得意の左ミドルキックで山本の動きを止めて激戦の末に判定勝ち。続く準決勝では中島弘貴にKO負け。

その後、2010年7月5日に開催されるK-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg World Championship Tournament FINAL16〜の70kg級世界トーナメントの2つの推薦枠へのファン投票が行われたが、日本トーナメント準優勝の中島弘貴が1位、1回戦で日菜太に完敗した山本優弥が2位となり、日菜太は落選となった。

2010年7月31日、RISE 68で、以前から日菜太がライバル視して対戦を熱望していたK-1 WORLD MAX 2008準優勝のアルトゥール・キシェンコと対戦。この試合は減量苦のキシェンコの希望により71kg契約で行われた[6]。試合は序盤から激闘の末に、3Rに三日月蹴りをキシェンコの脇腹に直撃させて大番狂わせのKO勝ち[2]

2010年9月18日、初参戦となったシュートボクシングアンディ・サワーと対戦。開始48秒スタンディングチョークスリーパーによりタップアウト負けを喫した[7]

2010年11月8日、K-1 WORLD MAX 2010 FINALのリザーブファイトでアンドレ・ジダと対戦。1Rに左ミドルキック、2Rに左ハイキックでそれぞれダウンを奪い、3-0の大差判定勝ちを収めた[8]

2011年1月23日、REBELS初参戦となった「REBELS-EX 〜HINATA's wave〜」でチェ・ウヨンと対戦し、左ハイキックによるKO勝ち。自身の名前が冠された興行のメインイベントを締めくくった。試合後は「日本人最強決定戦をどこのリングでもいいから早くやりたい」と佐藤嘉洋との対戦をアピールした[9]

2011年7月18日、REBELS.8 & IT’S SHOWTIME JAPAN countdown-1のメインイベントでK-1王者ジョルジオ・ペトロシアンと対戦し、得意の左ミドルを有効に出来ずショータイムルールで反則となるバックハンドブローで減点もあり、大差の判定負けを喫した。負けたにもかかわらずIT’S SHOWTIME代表サイモン・ルッツは高く評価した[10]

戦績[編集]

プロキックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
43試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
28 11 17 0 0
15 7 8
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× サモ・ペティ 2R 2:02 KO(3ノックダウン) RISE
【RISE 100~BLADE 0~】
2014年7月12日
ジョアン・ファヴォ 3R 0:48 TKO(※タオル投入) GLORY
【GLORY 10 LOS ANGELES 】
2013年9月28日
金井健治 2R 1:10 TKO(左ハイキック) シュートボクシング協会
【SHOOT BOXING2013 act.3】
2013年6月23日
小西拓槙 3R終了 判定3-0 REBELS.15
【REBELS 70kg級初代王座決定戦】
2013年4月14日
百武政敏 3R終了 判定3-0 シュートボクシング協会「SHOOT BOXING2013 act.1」 2013年2月22日
× アンディ・リスティ 1R 2:31 TKO SHOOT BOXING WORLD TOURANAMENTS-cup2012 2012年11月17日
網本規久 2R 1:42 KO(左ストレート) REBELS.13 2012年10月28日
× ウォーレン・スティーブルマンス 3R終了 判定0-3 SHOOT BOXING 2012~Road to S-cup~act.4
【S-cup日本代表枠最終査定試合】
2012年9月17日
カン・ジョンウ 1R 1:24 KO(左ハイキック) IT’S SHOWTIME JAPAN countdown-2 2012年7月29日
× ヘンリー・オプスタル 3R 0:19 TKO(右ハイキック) RISE 88 2012年6月2日
藤田ゼン 2R 2:42 TKO(3ノックダウン) REBELS.11 2012年4月15日
× アンディ・リスティ 1R KO(右フック) IT’S SHOWTIME 54 2012年1月28日
ペク・ミンチョル 1R 1:01 KO(左ミドル) REBELS.9 2011年10月23日
× ジョルジオ・ペトロシアン 3R終了 判定0-5 REBELS.8 & IT’S SHOWTIME JAPAN countdown-1 2011年7月18日
チェ・ウヨン 3R 0:15 KO(左ハイキック) REBELS-EX 〜HINATA's wave〜 2011年1月23日
アンドレ・ジダ 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2010 -70kg World Championship Tournament FINAL
【リザーブファイト】
2010年11月8日
× アンディ・サワー 1R 0:48 KO(スタンディングチョークスリーパー) SHOOT BOXING 25TH ANNIVERSARY SERIES 第4戦 維新-ISHIN- 其の四 2010年9月18日
アルトゥール・キシェンコ 3R 1:23 KO(左三日月蹴り) RISE 68 2010年7月31日
× 中島弘貴 1R 0:58 KO(右フック) K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg Japan Tournament〜
【準決勝】
2010年3月27日
山本優弥 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg Japan Tournament〜
【1回戦】
2010年3月27日
オ・デュソク 3R終了 判定3-0 RISE 61 2010年1月24日
マイク・ザンビディス 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament FINAL 2009年10月26日
× ジャバル"チンギスハン"アスケロフ 延長R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament FINAL8 2009年7月13日
城戸康裕 延長R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2009 〜日本代表決定トーナメント〜
【1回戦】
2009年2月23日
HAYATO 3R終了 判定3-0 R.I.S.E. 51 2008年11月30日
龍二 3R終了 判定3-0 R.I.S.E. 48 〜THE KING OF GLADIATORs '08〜
【R.I.S.E. -70kg CHAMPION MATCH】
2008年7月4日
白須康仁 3R終了 判定3-0 R.I.S.E. 46 〜THE KING OF GLADIATORs '08〜
【70kg CHAMPION MATCH】
2008年5月11日
水谷秀樹 3R終了 判定3-0 R.I.S.E. -γ- "R.O.C"
【タイトルセレクションマッチ】
2008年2月22日
× 龍二 2R 1:40 KO(2ノックダウン:右フック) R.I.S.E. DEAD OR ALIVE TOURNAMENT '07
【準決勝】
2007年12月16日
拳士 3R終了 判定3-0 R.I.S.E. DEAD OR ALIVE TOURNAMENT '07
【1回戦】
2007年12月16日
MIKOTO 3R終了 判定3-0 R.I.S.E. -β- "L7"
【DoA '07 LAST SURVIVAL】
2007年10月28日
不明 KO ラジャダムナン・スタジアム 2007年9月
× CRAZY884 3R+延長1R終了 判定0-3 R.I.S.E. XXXVIII 2007年7月22日
田中秀弥 3R終了 判定3-0 R.I.S.E. XXXV 2007年4月29日
× 渡辺雅和 3R終了 判定0-2 J-NETWORK「J-FIGHT 14」
【J-NETウェルター級王座決定トーナメント 1回戦】
2007年2月11日
大渡博之 3R終了 判定3-0 R.I.S.E. DEAD OR ALIVE TOURNAMENT '06
【オープニングマッチ】
2006年12月17日
× 田島直樹 1R 0:38 KO(左ストレート) R.I.S.E. XXX 2006年10月29日
× 宏二 3R+延長1R終了 判定0-3 J-NETWORK「MACH GO! GO! '06 〜フライ級最強決定トーナメント1回戦〜」 2006年9月1日
健太 3R 2:17 KO(パンチ連打) R.I.S.E. XXVI 2006年5月28日
NIIZUMAX! 3R終了 判定3-0 J-NETWORK「J-FIGHT 9」 2006年4月16日
小樽基能 1R 1:23 KO 全日本キックボクシング連盟「New Year Kick Festival 2006」
【オープニングファイト】
2006年1月4日
高橋基希 3R終了 判定3-0 TRIAL LEAGUE.3 2005年9月18日
× 吉川英明 3R終了 判定0-3 R.I.S.E. G-BAZOOKA TOURNAMENT '05
【オープニングファイト】
2005年6月19日

アマチュアキックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
千葉哲 不明 KAMINARIMON トーナメント
【70kg以下トーナメント 決勝】
2005年3月27日

人物・エピソード[編集]

  • 憧れのファイターとしてアンディ・フグサムゴー・ギャットモンテープ、2004年のブアカーオ・ポー.プラムックを挙げており、「ブアカーオはK-1 MAXで初優勝した頃はキック中心のムエタイスタイルだったから好きだったけど、2度目の優勝の頃以降にはパンチに偏ったスタイルになっていたので今はそうでもないです」と語るなど、ここにも蹴り技を好む嗜好が表れている。
  • 初めてK-1を観戦した時に既にK-1に参戦していた同い年のアルトゥール・キシェンコをライバル視しており、「いつか世界トーナメントの決勝戦で闘いたい」と語っていた。2010年7月にキシェンコと対戦してKO勝利した際には目に涙を浮かべて歓喜し、試合翌日のブログにて「今まで生きてきて一番嬉しかった。試合前、計量前日と本当に寝れなかったんです。ずっと目標としてきた選手と戦う嬉しさより、怖い気持ちの方が本当に大きかった。本当に、昨日ほど応援が力になると実感した試合は今までなかったです」と語った。
  • ヨーロッパ最大の立ち技格闘技団体IT'S SHOWTIMEへの参戦を自ら希望したり、K-1 WORLD MAX 2009 〜日本代表決定トーナメント〜では前年度日本王者の城戸康裕を、K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg Japan Tournament〜では前年度世界トーナメント3位の山本優弥を抽選会で1回戦の相手に指名するなど、楽な道・楽な相手を選ばずに自ら強豪との対戦を希望するストイックな性格である。
  • 地元の湘南に対する愛着が強いこともあり、「湘南の太陽」「湘南王子」「湘南の腕殺し」といった異名を持つ。自身のブログ名も「湘南から世界へ」としている。
  • 平塚学園高校時代はサッカー部に所属しており、湘南ベルマーレのファンである。
  • アマチュア時代から主戦場としているRISEに対して強い愛着を持っており、「RISEはK-1の2軍とか言われますけど、僕はそうは思っていません」と言い切っている[11]
  • 三日月蹴りを一躍有名にした菊野克紀の試合映像を見様見真似で1年間練習した結果、会得した[2]

獲得タイトル[編集]

プロ[編集]

アマチュア[編集]

  • KAMINARIMON 70kg以下トーナメント 2005 優勝

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
常設王座設置前(同階級トーナメント優勝者)
龍二
初代R.I.S.E.70kg級王者

2008年7月4日 - 2009年7月(返上)

次王者
龍二