日系チリ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日系チリ人
Japonés Chileno, Nipo-chileno
日本の旗チリの旗
総人口

公称3,800人
(推定5,000~10,000人)

居住地域
アリカイキケアントファガスタラ・セレナバルパライソサンティアゴ・デ・チレ
言語
チリ・スペイン語日本語
宗教
キリスト教大乗仏教仏教神道
関連する民族

日本人日系ブラジル人日系アルゼンチン人日系パラグアイ人日系ボリビア人日系コロンビア人日系ベネズエラ人日系ペルー人日系エクアドル人日系ウルグアイ人日系キューバ人日系ドミニカ人日系メキシコ人日系アメリカ人日系カナダ人

日系チリ人(にっけいチリじん、スペイン語: Japonés ChilenoNipo-chileno)とは日本人の血を引いたチリの市民である。

歴史[編集]

チリに移住した日本人の数は、1875年の国勢調査で2名が記録されているのが最初であるが、その後も1910年から1940年まで900人に満たなかった。入国した者の中には、ビジネスマンから、特にラテンアメリカで2番目に多い日系人の人口を擁するペルーなどの近隣諸国から再移民した労働者まで、職種は幅広く多様であった。彼らは硝酸塩の豊富な北部では孤立する可能性もあり、特に南部地域のサンティアゴ・デ・チレバルパライソに引き寄せられた。彼らは給与労働者として様々な職を見つけ、小規模な事業関係者、特に理容師となった。初期の日系コミュニティは多くが男性であった。大多数の一世はチリ女性と結婚した。彼らの子供である二世は、「もしチリで生きるなら、チリ人になるべきである」との信条を奮い立たせた。

しかしながら、第二次世界大戦がすぐに反日感情を刺激し、日系人のチリ社会への統合過程を妨害した。1943年が始まるとすぐに、多くの日系チリ人が戦略的な要地(銅鉱山など)から内陸部に移動させられた。同時に、日系コミュニティは強力な統合と、戦時中の反日感情に直面した際の相互扶助を提供した。これらの提携は戦後日系慈善社会組織(Sociedad Japonesa de Beneficencia)として再び浮上した。

1990年代までに、日系チリ人は中流階級となり、高い教育水準とホワイトカラー労働者となっていった。他のラテンアメリカ諸国の日系人の傾向に反して、チリでは日系人のわずか5%以下が日本に出稼ぎにしているに過ぎない。日本人のコミュニティが団結に欠け小規模であることと、他人種との婚姻の増加が、日系チリ人の未来に問題を投げかけている。

言語[編集]

多くの日系チリ人はスペイン語しか話さない。ごく少数のみが日本語を話すことができ、そのうち特に高い教育を受けた者は英語も話す。

宗教[編集]

大多数の日系チリ人はカトリック教徒であり、残りは仏教徒や神道主義者などである。

著名な日系チリ人[編集]

脚注[編集]


参考文献[編集]

外部リンク[編集]