日産・QDエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

QDエンジンとは、日産自動車によって1990年代後半 - 2000年代半ばまで生産されていた、直列4気筒のOHVディーゼルエンジンである。排気量は3200ccのみで、日本国内の新基準自動車排出ガス規制への対応が難しく、粒子状物質(黒煙)の排出も多かったTDエンジン[1]の後継(主にTD27系)としてTDエンジンから派生した。そのためTDエンジンとの共通点が多い[2]

車両用はZDエンジンへ完全移行したが、現在でも同社製フォークリフトには搭載されている。

バリエーション[編集]

QD32系[編集]

3.153L 水冷 直列4気筒 OHV 渦流室式燃焼室 分配型噴射ポンプ

QD32[編集]

  • 3200cc 自然吸気
  • スペック:(1)100ps(74kW)3,600rpm 22.5kg・m(221N・m)2,000rpm
  • (2)100ps(74kW)3,600rpm 21.3kg・m(209N・m)2,000rpm
  • (3)110ps(81kW)3,600rpm 22.5kg・m(221N・m)2,000rpm
  • (4)105ps(77kW)3,600rpm 22.5kg・m(221N・m)2,000rpm
  • (5)98ps(72kW)3,600rpm 22.0kg・m(216N・m)2,000rpm
  • 軽油

QD32ETi[編集]

搭載されていた車種[編集]

不具合[編集]

環境対策として日本国内でも導入が始まった脱硫軽油[3]の影響と見られる燃料噴射ポンプの不具合が報告されており、使用過程で、エンジン警告灯の点灯、アイドル回転が上下するハンチング、エンジンストール[4]などの症状が出る場合がある。その後、噴射ポンプは対策品に切り替えられている。

脚注[編集]

  1. ^ NOxの生成を抑えるため、燃料の噴射量を多くしていた。
  2. ^ TDエンジンも海外向けに並行して生産が継続されていた。
  3. ^ 硫黄の含有量が2003年から50ppm2007年から10ppm以下に定められた。
  4. ^ 走行中にエンジンが停止した場合はステアリングのパワーアシストブレーキブースターも失効する。

関連項目[編集]