日産・NP35

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日産・NP35
NP35
NP35
カテゴリー グループC
コンストラクター NPTI / ニスモ
デザイナー トレバー・ハリス
水野和敏[1]
先代 日産・R92CP
主要諸元
シャシー カーボンモノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン
全長 4,795 mm (P35:4,765 mm)
全幅 1,990 mm
全高 1,080 mm (P35:1,015 mm)
ホイールベース 2.870 mm
エンジン VRT35 3,499 cc V12 70度 NA ミッドシップ
トランスミッション NPTI製 6速 マニュアルトランスミッション シーケンシャル
重量 750 kg 以上
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム 日本の旗 ニスモ
ドライバー 日本の旗 鈴木利男
アメリカ合衆国の旗 ジェフ・クロスノフ
出走時期 1992年
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
初戦 1992年美祢500km
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
1 0 0 0
テンプレートを表示
VRT35エンジン

日産・NP35は、日産自動車ル・マン24時間レース全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)、スポーツカー世界選手権(SWC)参戦用に開発したプロトタイプレーシングカーである。

概要[編集]

NP35は1990年に開発が始まった。まず先行して林義正率いるエンジン開発チームにより、1991年より施行されたグループCの新エンジンルール(3.5リッター・自然吸気エンジン)に適合するエンジンとして、3.5リッター・V型12気筒のVRT35が開発された。1991年に入ると日産の米国レース子会社であるNPTI(ニッサン・パフォーマンス・テクノロジー)によりシャシーの開発プロジェクトがスタートする。シャシー設計はトレバー・ハリス、エアロダイナミクス担当は日産・R90CPのカウルデザインなども担当した鈴鹿美隆が行った。

エンジンは1991年春に完成し、シャシーが完成するまでの間インディカー用のシャシーに搭載して開発テストが行われた。1992年にはNPTI製作のシャシー、P35も完成しアメリカ国内で開発テストが重ねられた。P35はNPTIがカーボンモノコックの製作経験がないためアルミハニカムにカーボンコンポジットを組み合わせたハイブリッドタイプで製作された[2]

また、日本でもNISMOが中心となり、P35の設計図を元にフルカーボン製モノコックのNP35を開発した。NP35はJSPCで使われる予選専用タイヤに対応するためサスペンション等に強化が施されていた。

NP35は10月下旬に菅生でシェイクダウンテストを行った後、同年10月31日~11月1日にMINEサーキットで開催されたJSPCの最終戦にテスト参戦するが(ドライバーは鈴木利男/ジェフ・クロスノフ)、サスペンションセッティングが決まらないなどの初期トラブル続きで結果は予選、決勝とも最下位に終わった。レース中のベストラップはファステストラップを記録したトヨタ・TS010の約3秒落ちであった。

当初の予定では、翌1993年にP35はデイトナ24時間レースIMSA GTPクラスへの参戦、NP35はル・マンやJSPC・SWCへの参戦が予定されていたが、日産自動車が極度の経営不振に陥ったこと(日産は1993年3月期に株式上場後初の経常赤字を記録した)に加え、SWC、JSPCが1992年限りで消滅するなどスポーツプロトタイプカーというカテゴリーそのものが世界的に衰退していたため、P35/NP35共にその後の活動は打ち切られた。

一度だけの実戦参加から約1年後の1993年11月10~11日、日産は菅生でNP35を使用して「高速車両の基礎研究」を行った。このテストに使用されたNP35はモノコックとエンジン位置を移動させ、ホイールベースを70mm短縮させたショートホイールベース仕様であった[3]。また、1992年には1段翼だったリヤウイングがジャガー・XJR-14などと同タイプの2段式に改められていた。

現在は、1992年のJSPC最終戦に参戦したNP35が動態保存されており、毎年11月に行われるニスモフェスティバル等のイベントで時折その走る姿を見ることが出来る。

参考資料[編集]

  • Racing On』2007年9月号 pp.144 - 148 「ル・マン 見果てぬ夢」最終回
  • 「日本の名レース100選」volume32、三栄書房、2007年。

脚注[編集]

  1. ^ 「Racing On」 No.136、p.30、ニューズ出版、1993年。
  2. ^ Racing On」 No.121、p.137、ニューズ出版、1992年。
  3. ^ 「Racing On」 No.157、p.10、ニューズ出版、1994年。