日根野高吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
日根野 高吉
生誕 天文8年(1539年
死没 慶長5年6月26日1600年8月5日
別名 高弘
戒名 鑑照院殿鉄叟玄心大居士
墓所 長野県諏訪郡下諏訪町東町中の慈雲寺
官位 従五位下、織部正
主君 斎藤義龍龍興織田信長信孝豊臣秀吉秀頼
信濃諏訪藩
氏族 日根野氏
父母 父:日根野弘就
兄弟 高吉吉明弘正弘勝浅野氏次
正室:戸田忠成の娘
吉明高継高当、娘(柴田勝政室)

日根野 高吉(ひねの たかよし)は、戦国時代武将信濃諏訪藩(高島藩)の初代藩主。

はじめ美濃斎藤氏に仕えた。斎藤氏滅亡後は織田信長に仕え、信長没後は織田信孝を経て、羽柴秀吉に仕えた。天正18年(1590年)の小田原征伐山中城を攻略した功績を賞されて、信濃高島に3万8000(異説として2万7000石か2万8000石とも)を与えられ、「諏訪の浮城」と呼ばれた高島城を7年かけて築城している。文禄の役では肥前名護屋に駐屯した。伏見城築城でも功を挙げている。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは東軍に与していたが、本戦直前の6月26日に急死した。享年62。跡を嫡男の吉明が継いだ。