日本とクロアチアの関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本とクロアチアの関係
クロアチアと日本の位置を示した地図

クロアチア

日本

本項では、日本クロアチアとの二国間関係について述べる。

歴史[編集]

クロアチア独立国と大日本帝国の関係(1941〜1945年)[編集]

ザグレブ市内の在クロアチア日本国大使館
東京都内の在日本クロアチア大使館

1941年4月10日クロアチア独立国ユーゴスラビア王国からの独立を宣言。[1]同年6月7日大日本帝国はクロアチア独立国の独立を承認。同15日、クロアチア独立国は日独伊三国同盟へ参加し、続く26日には日独伊防共協定にも加わり、日本とクロアチアの両国の間に強固な同盟関係が築かれた。しかし、クロアチアは、同じく日本と同盟を結んでいたイタリアダルマチア領土問題を抱えていたため、日本はイタリアへの外交配慮を重視し、1943年9月8日にイタリアが連合国無条件降伏して枢軸国から離脱するまで、クロアチア国内に大使館在外公館も設置しなかった。

1943年12月15日ベルリンに駐在していた日本の外交官三浦和一橋爪三男の両名が、クロアチアの首都ザグレブ市内のホテルを借りて帝国代表部の事務所を開設。簡素ながらも、この事務所は、日本が独立国としてのクロアチアに設置した最初の在外公館である。翌1944年2月11日付で、日本は在クロアチア帝国公使館を開館し、代表部から公使館に昇格し、三浦和一が同公使館の代理公使に就任した。[2]

1945年4月29日にザグレブ市内で昭和天皇誕生日パーティが開かれるなど、日本とクロアチアの間には友好関係が保たれていたが、その前日28日にはベニート・ムッソリーニが殺害の上、死体を晒し者にされ、天皇誕生日の翌日30日にはアドルフ・ヒトラーが自殺するなど、欧州における枢軸国の劣勢は覆いがたくなっていた。そのため、三浦代理公使らは、翌5月5日までに重要書類を焼却した後、同日、帝国公使館は閉鎖された。同8日、クロアチア独立国はパルチザンら連合国側の攻勢を支えきれず崩壊し、ユーゴスラビアに再併合されるに至る。これにより、日本とクロアチアの同盟関係もまた同時に解消された。

クロアチア社会主義共和国と大日本帝国の関係(1943〜1945年)[編集]

1941年6月7日から1945年5月8日まで、大日本帝国はクロアチア独立国を正当な政府として認め、かつ同盟関係を結んでいたため、ユーゴスラビア民主連邦及び同連邦下のクロアチア社会主義共和国を、正当な政府として承認していなかった。

クロアチア社会主義共和国と日本国の関係(1945〜1990年)[編集]

1952年4月、日本国はユーゴスラビアとの国交を樹立。この期間における日本とクロアチアとの外交関係は、ユーゴスラビア連邦政府を仲介するものであった。

クロアチア共和国と日本国の関係(1991年〜)[編集]

1991年6月25日、クロアチア共和国は、ユーゴスラビア連邦からの離脱と独立を宣言。1992年3月5日、日本国とクロアチア共和国は、両国の間で正式に国交を築いた。1993年3月5日、クロアチア政府は在日本大使館を東京に開設、1998年2月1日には日本政府が在クロアチア大使館をザグレブに開設した(それまでは在オーストリア大使館が兼務していた)[3]

2002年、当時皇籍にあった紀宮清子内親王がクロアチアを訪問した[3]

2011年3月11日に日本の東北・関東地方を襲った大地震を受けて、ザグレブ市内を行進していた5000人のデモ隊が、日本大使館の前で立ち止まって献花や黙祷を捧げて哀悼の意を表明したり[4]クロアチア赤十字社Hrvatski Crveni križ)より、銀行への送金により集めた21万281クーナ(約327万円)の寄付金、専門ダイヤルによる電話を通じて集めた8万8389クーナ(約138万円)の寄付金、クロアチア共和国政府が拠出した350万クーナ(約5448万円)の寄付金を、日本赤十字社東日本大震災義援金として贈ったりするなど[5]、クロアチア国民は日本に対する根強い連帯感を示した。

経済[編集]

日本からクロアチアへの主な輸出品目は自動車、電気機器などであり、またクロアチアから日本への主な輸出品目はマグロ、ワインなどである[3]

文化交流[編集]

姉妹都市[編集]

日本とクロアチアの以下の都市が姉妹都市提携を結んでいる[3]

スポーツ[編集]

日本において独立後のクロアチアとの交流は、サッカー格闘技を通じて広く知られている。

サッカーでは、日本の三浦知良1998年から1999年にかけてディナモ・ザグレブ[6]伊野波雅彦2011年から2012年にかけてハイドゥク・スプリトでプレーをした。一方、クロアチアからはゴラン・ユーリッチイゴール・ツビタノヴィッチらといったクロアチア代表選手が日本のクラブでプレーをした。

両国の代表チームはFIFAワールドカップの舞台で2度の対戦経験があり、1998 FIFAワールドカップではグループリーグで対戦しクロアチアが1対0で勝利した。2006 FIFAワールドカップではグループリーグで対戦し0対0の引き分けに終わっている。

格闘技については、日本国内で興行されていたK-1PRIDEにおいて活躍したミルコ・クロコップが知られている[6]

日本語教育[編集]

2004年にザグレブ大学哲学部インド極東学科に日本語コース、日本研究コースが開設された。その他、高校での日本語の授業が普及しつつあり、SPES,スヴェツキ・イェジッチ、ラテイナ、スヴァグ、エンベの語学専門の高等学校で日本語が教えられている。地方都市のリエカでもグループ・ムラディフ・リエカというNPOが日本語を教えている。2014年には第13回となる全国スピーチコンテストが開催された。日本語教師会も活動している。

出典[編集]

  1. ^ Proglašenje NDH - 1941. travanj 10. 16 sati (YouTube) (クロアチア語)
  2. ^ 外務省外交史料館所蔵資料「在外帝國公館關係雑件設置關係『クロアチア』國の部」 - 「クロアチア三浦代理公使宛・重光外務大臣発信」(第十二号)1944年3月9日
  3. ^ a b c d 外務省 (2008年2月). “クロアチア共和国基礎データ”. 2014年7月13日閲覧。
  4. ^ Prosvjedovalo više od 5000 ljudi (ZNet) (クロアチア語)
  5. ^ Potres i plimni val u Japanu (Hrvatski Crveni križ) (クロアチア語)
  6. ^ a b 我が国とクロアチアとの関係 (PDF)”. 在クロアチア日本国大使館 (2014年6月). 2014年7月13日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]