日本ペイント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本ペイント株式会社
Nippon Paint Co., Ltd.
日本ペイント本社
種類 株式会社
略称 日ペ(ニッペ)
本社所在地 531-8511
大阪府大阪市北区大淀北2-1-2
設立 2014年10月1日
業種 化学
事業内容 塗料、ファインケミカル
代表者 代表取締役社長 酒井健二
資本金 1億円
決算期 3月31日
主要株主 日本ペイントホールディングス株式会社
外部リンク www.nipponpaint.co.jp
テンプレートを表示

日本ペイント株式会社(にっぽんペイント)は、大阪府大阪市北区に本社を置く総合塗料の製造販売をおこなう企業である。会社の通称は「ニッペ」で、家庭用塗料には「ニッペホームペイント」とつく商品が多い。

2014年10月1日、持株会社体制への移行に伴い、従来の日本ペイント株式会社は日本ペイントホールディングス株式会社に商号変更され持株会社となり、新設分割により事業会社の日本ペイント株式会社が設立された。本項では、持株会社化以前の日本ペイントおよび現在の事業会社たる日本ペイントについて記す。

コーポレート・スローガンはBasic&New、それより前のスローガンは「豊かな心で未来をひらく」であった。

概要[編集]

1881年(明治14年)3月14日茂木春太茂木重次郎の兄弟が同社の前身にあたる光明社を南品川に設立。亜鉛華より固練り塗料を開発し、当時の帝国海軍に船体塗料として納入。やがて1898年(明治31年)には日本ペイント製造株式会社に改組し、日本初の塗料工業会社として出発する。なお南品川の工場は現在に至るまで同社の東京事業所として存在し続けている。その後、1905年(明治38年)には大阪府鷺州村(現在の大阪市福島区鷺州)に工場を新設したことに伴い、経営の拠点を大阪へ移し、現在に至る。

当時の商標は漢字の「日」を記号化した日の丸印日本水産の社章と同じマーク)で、1925年(大正14年)から使用され、1984年(昭和59年)に現在の社章に改められるまで使われてきたが、もともと両社とも社名に「日本」が入る企業であるためか、商標権に関する争いはない。当然ながら資本・人材面での関係も一切ない。

事業所[編集]

  • 東京事業所(東京都品川区)
  • 寝屋川事業所(大阪府寝屋川市)
  • 大阪事業所(大阪市北区)
  • 工場
    • 栃木工場(栃木県宇都宮市)
    • 千葉工場(千葉県東金市)
    • 愛知工場(愛知県高浜市)
    • 岡山工場(岡山県勝田郡)
    • 広島工場(広島市南区)
    • 防府分工場(山口県防府市)
    • 福岡工場(福岡県八女郡)
  • 海外
    • 欧米:アメリカ、イギリス、トルコ
    • アジア:中国、韓国、台湾、シンガポール、タイ、マレーシア、フィリピン、インドネシア、ベトナム、インド、パキスタン

主な製品[編集]

  • マジョーラ - 家庭用偏光性塗料。主に自動車の塗装等に用いられる。
  • インシュリード - リチウムイオン電池絶縁材。エレクトロコーティングによって、従来の方法では困難とされた複雑な形状にも対応可能。
  • うなぎ塗料
  • ATTSU-9(アッツ・ナイン)

スポンサー活動[編集]

同社の本社オフィスが、朝日放送本社(当時・現在は、ほたるまち)の近くにあるため、『新婚さんいらっしゃい!』や『全日本大学女子駅伝』(大阪時代)、『フィリップモリス・チャンピオンシップゴルフトーナメント』(現在の『ABCチャンピオンシップゴルフトーナメント』)などのANN全国ネットバラエティ番組スポーツ番組のスポンサーを務めていた。

他にも、毎日放送と系列衛星放送チャンネルのGAORAで毎年放映されている選抜高等学校野球大会中継のメインスポンサーに、近年まで名を列ねていたことでも知られる(他に十川ゴム東京建物JR西日本グループ=1990年代初めは筆頭協賛=などがあった)。

その他、北海道放送で毎年放映されている『北海道邦楽舞踊大会』のスポンサーに、松村組(北海道放送の本社建物の建築を担当した縁で)とともに名を連ねていたこともある。

現在はテレビCMによるスポンサー活動はしておらず、主に新聞等での宣伝活動が多くなっている。

スポンサー番組(全て過去)[編集]

外部リンク[編集]