日本の索道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日本の索道(にほんのさくどう)では、主に日本における「普通索道」(ロープウェイ・ゴンドラリフト)について解説する。

なお、索道は日本の法律では鉄道事業法により運営されるが、「鉄道事業」ではなく「索道事業」に分類されているため、鉄道の一種とされることは少ない。

姫路市企業局交通事業部・書写山ロープウェイ(山麓駅)。複線交走式の普通索道

法規上の分類[編集]

日本では、索道を架空した索条(ワイヤーロープ)に搬器(ゴンドラ)を懸垂して旅客または貨物を運送する施設の総体と定義している。搬器の形状別によって以下のように大別される。

  • 普通索道:扉を有する閉鎖式の搬器を使用して旅客または旅客および貨物を運送する索道(ロープウェイまたはゴンドラリフト)。
  • 特殊索道:外部に解放された座席で構成されるいす式の搬器を使用して旅客を運送する索道(リフト)。

また、運転の仕方、索条の本数などによって以下のように分類しており、それぞれの組み合わせによって区別している。

  • 交走式:2個の搬器が停留場間を交互に往復する索道(ロープウェイ)。
  • 循環式:搬器が停留場間を循環する索道(リフト)。
  • 滑走式:搬器はなくバーやロープを懸垂する索道(Tバー・Jバーリフト・ロープトゥなど)。
  • 複線式:支索に搬器を懸垂し、えい索と平衡索によって運転する索道。
  • 単線式:1本の索条に搬器を懸垂して稼動させる索道。
  • 複式単線:単線のうち停留場間で索条を複数にした索道。

歴史[編集]

黎明期[編集]

日本では古くから山間部の川などに「野猿」「吊舟」などと呼ばれる原始的な索道が使用されている例があったが、現代的な鋼製の索道は1890年明治23年)に足尾銅山で貨物輸送用として採用された単線固定循環式のものが最初である[1]細尾峠に架設され、設備一式をアメリカ合衆国から輸入し、アメリカ人技師を雇って運用した。のち1902年(明治35年)には足尾銅山の技師であった玉村勇助が独自の方式である玉村式索道を考案し、1907年(明治40年)に玉村工務所を設立して操業を開始し、貨物用索道の国産化が図られた[2]

一方、旅客用としては1912年(明治45年)に大阪市に開設された新世界の初代通天閣とルナパークを結んで架設された索道が日本初である。設備一式はイタリアのセレッティ・タンファーニ社(Ceretti&Tanfani)が製造・施工した。支索・曳索1本ずつで走行する方式で、搬器は開放式で定員4人であった。1920年代まで運行された。また1914年(大正3年)に東京市で開催された大正博覧会では不忍池の上空に索道を架設して運転したが[3]、博覧会終了とともに撤去している。

本格的旅客用索道の登場[編集]

1915年(大正4年)に安全索道商会(現・安全索道)が設立された。同社は1921年(大正10年)、奈良市内に試験用の索道を建設し、旅客用索道の研究を開始した。

1927年(昭和2年)には紀伊自動車が三重県矢ノ川峠に旅客用の索道を開業させた。矢ノ川峠は尾鷲町(現・尾鷲市)と木本町(現・熊野市)を結ぶ道路の途中にある峠で、当時のバスでは登坂が不可能であったため索道が架けられたのである。全長1,254m、高度差382mで、1本の索条に定員2名の搬器を25個吊り下げる単線循環式であった[4]。これを日本初の旅客用索道とみなす資料もある。この索道は約10年間にわたり運行したのち撤去されている。

1928年(昭和3年)には福岡市の愛宕山に愛宕索道が開業した。愛宕索道では支索1本・曳索2本を用いる3線交走式を初めて採用した。同年には仙台市で開催された東北産業博覧会でもロープウェイが運行された(博覧会終了とともに撤去)ほか、京都市の比叡山にも京都電燈の運営する比叡山空中ケーブルが開業した。

1929年(昭和4年)には奈良県吉野山吉野大峯ケーブル自動車が運営する吉野ロープウェイが開業し、続いて1931年(昭和6年)に神戸市六甲山六甲登山架空索道)に、1932年(昭和7年)には三重県の二見浦二見浦旅客索道)に、1933年(昭和8年)には栃木県日光日光登山鉄道)に開業した。

1939年(昭和14年)に埼玉県三峰山に開業した秩父鉄道三峰ロープウェイは延長1,768m、高度差615mに及ぶ当時としては日本国内最大規模の索道であった。しかしロープウェイのほとんどが観光や参拝を目的としたものであったため、1941年(昭和16年)に勃発した太平洋戦争の戦局悪化により、生活路線でもあった吉野ロープウェイ・三峰ロープウェイを除く5路線はケーブルカーと同様に不要不急の施設とされ終戦前に廃止された。

戦後の展開[編集]

戦後復興が進み1950年(昭和25年)頃から観光需要が高まったのを受け、ケーブルカーでは戦時中に撤去されていた路線が1950年代に復活する例も多かったが、ロープウェイの復活は1950年に復活した明智平ロープウェイの1例のみにとどまっている[5]。しかし、新規開設も行われ、1955年(昭和30年)時点では日本国内にケーブルカーが19路線あったのに対してロープウェイ(普通索道)は12路線あった。

1956年(昭和31年)、山形交通(現・ヤマコー)が山形県蔵王連峰に世界初の3線自動循環式ロープウェイ(蔵王中央ロープウェイ)を開業した。設備・搬器は日本ケーブルが製造した。また搬器の大型化も進み、同年には定員30人の搬器も登場している。

日本の索道一覧[編集]

現行[編集]

☆印:主に冬期のみ営業のスキー場の普通索道

北海道[編集]

東北地方[編集]

青森県

岩手県

宮城県

秋田県

山形県

福島県

関東地方[編集]

茨城県

栃木県

群馬県

埼玉県

千葉県

神奈川県

中部地方[編集]

新潟県

富山県

山梨県

長野県

静岡県

石川県

岐阜県

三重県

近畿地方[編集]

滋賀県

京都府

大阪府

兵庫県

奈良県

中国地方[編集]

島根県

広島県

山口県

四国地方[編集]

徳島県

香川県

愛媛県

九州地方[編集]

長崎県

熊本県

大分県

休止[編集]

廃止[編集]

貨物専用

国内メーカー[編集]

参考文献[編集]

  • 中川浩一「ロープウェイ物語」、『鉄道ピクトリアル』、電気車研究会。
    • 通巻136号、1962年9月
    • 通巻138号、1962年11月
    • 通巻337号、1977年8月
  • 兵藤二十八『日本のロープウェイと湖沼遊覧船』教育システム、2000年

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 広報あしお 平成14年1月号 (PDF) - 足尾町
  2. ^ 広報あしお 平成17年9月号 (PDF) - 足尾町
  3. ^ 『歴史写真. 大正3年 第6月號』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  4. ^ 単線循環式では索条が1本しかないため、万一索条が切断した場合、すべての搬器が一斉に落下する危険性があった。実際には同索道でこのような事故は発生しなかった。旅客用として問題の多い単線循環式の採用には、安全索道の実験線では3線循環式(1支索2曳索)を架設していたが当時は技術として未成熟であり、一方ではこの頃までには紀伊山地内に林業用索道が設置され十年以上操業していた事や、官庁による監督体勢が未整備であった事がある。
  5. ^ このほか1956年に開業した叡山ロープウェイは廃止された比叡山空中ケーブルの付近に新規に架設したもので、復活に近いともいえる。

外部リンク[編集]