日本の平和の鐘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国境の無い世界地図は「世界は一つ」を象徴している。

日本の平和の鐘(にほんのへいわのかね、Japanese Peace Bell)は、1954年日本国際連合協会から国際連合に寄贈された鐘。

概要[編集]

原子力マーク

ニューヨーク国連本部にある「日本の平和の鐘」は、1954年6月に日本国連協会から国連本部に寄贈されました。

この鐘は1951年、第6回パリ国連総会に出席した日本国連協会理事で、元愛媛県宇和島市市長の中川千代治氏が、「国を越え宗教の違いを越えて、平和を願う世界の人々のコインを入れた平和の鐘を造りたい」と当時の国連加盟国に訴え、国連事務次長ベンジャミン・コーヘン氏の協力を得、趣旨に賛同した65カ国の代表者からのコインとローマ法王ピオ12世から頂いた金貨9枚を入れて、高松市の多田鋳造所の協力で造りました。

鐘には「世界絶対平和万歳」と鋳込まれ、撞木の当たる所は平和を意味する月桂樹が描かれています。また鐘楼は釈尊誕生の花御堂を象ったもので、宇和島市の宮大工の木下林平氏が制作するなど、賛同する多くの方々の協力を得て誕生、寄贈したものです。

今もこの鐘は、毎年春分の日と9月21日に国連本部で行われているの国連総会[世界平和デー]の式典で必ずこの鐘が打ち鳴らされます。


ガリ国連事務総長のスピーチより。

"Whenever it has sounded, this Japanese Peace Bell has sent a clear message. The message is addressed to all humanity. Peace is precious. It is not enough to yearn for peace. Peace requires work -- long, hard, difficult work."

鐘を鳴らす手順[編集]

"鏡"の部分

正面の丸い窪みのような”鏡”に自分の心を写す。 次に、反対側へ回り鐘をならす。この鐘の音が完全に消えるまで次の人は叩いてはいけない。

外部リンク[編集]