日工タナカエンジニアリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社日工タナカエンジニアリング
Nikko Tanaka Engineering Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
千葉県習志野市津田沼3-4-29
設立 2007年4月16日
業種 機械
事業内容 エンジンの製造販売
代表者 遠藤 裕明(代表取締役社長)
資本金 1億円
従業員数 230名
外部リンク  http://www.nikko-tanaka-eng.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社日工タナカエンジニアリング(にっこうタナカエンジニアリング)は、千葉県習志野市にある2サイクルガソリンエンジン、エンジンを応用したチェンソー、草刈機などの製造メーカーである。習志野市にあるのは営業、経理などの事務部門で、エンジンの製造は千葉県長生郡にある、白子工場で行っている。社名の日工は親会社「日立工機」の略称。

沿革[編集]

  • 1918年 - 田中工業創業
  • 1963年4月 - 株式会社に改組
  • 1957年 - タスモペット製造開始
  • 1960年 - 国内向けのモペット製造中止
  • 1975年 - 津田沼工場を閉鎖し、エンジンの製造を白子工場に統合
  • 1986年 - タナカ工業株式会社に改称
  • 2006年 - 倒産し民事再生を申請
  • 2007年4月 - 日立工機100%出資の子会社となり、株式会社日工タナカエンジニアリングとなる。
  • 2012年2月 - 白子工場を「日立工機白子工場」と改称する。TANAKAブランドの製品の製造は従来通り。

製品[編集]

刈払機(草刈機)[編集]

同社の主力製品

  • TBCシリーズ、パワーメイト・シリーズ、20ccから32ccまでのシリンダー容量の2サイクルガソリンエンジンを使用。TUMシリーズというセルモーター付きの刈払機も製造している。

チェンソー[編集]

  • ECSシリーズ、30cc前後のエンジンを使用している。

エンジンポンプ[編集]

  • TCPシリーズ

エンジンドリル[編集]

  • TEDシリーズ

外部リンク[編集]