日和佐町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ひわさちょう
日和佐町(第1次)
廃止日 1956年9月30日
廃止理由 編入合併
赤河内村、日和佐町 → 赤河内町(即日改称・日和佐町)
現在の自治体 美波町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 徳島県
海部郡
団体コード なし
面積 15.09km².
総人口 5,927
国勢調査1955年
隣接自治体 由岐町、赤河内村
日和佐町(第1次)役場
所在地 徳島県海部郡日和佐町大字奥河内
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
ひわさちょう
日和佐町(第2次)
廃止日 2006年3月31日
廃止理由 新設合併
日和佐町由岐町美波町
現在の自治体 美波町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 徳島県
海部郡
団体コード 36382-1
面積 117.69km²
総人口 5,734
(2004年3月1日)
隣接自治体 阿南市由岐町海南町牟岐町
那賀町
町の木 クスノキ
町の花 サクラ
日和佐町(第2次)役場
所在地 779-2395
徳島県海部郡日和佐町奥河内字本村18番地1
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

日和佐町(ひわさちょう)は、徳島県海部郡に属した。本項では発足時の名称である赤河内村(あかがわちそん)、町制日の名称である赤河内町(あかがわちちょう)と、1956年まで存在した旧・日和佐町、同町の町制前の名称である日和佐村(ひわさそん)についても述べる。

2006年3月31日由岐町と合併し、美波町となった。

地理[編集]

大部分が山地であり、南東側は太平洋に面する。町内の大浜海岸にはウミガメが上陸する。1967年に「大浜海岸のウミガメ及びその産卵地」として国の天然記念物に指定された。

歴史[編集]

  • 1889年明治22年)10月1日 - 町村制の施行により、以下の2村が発足。
    • 赤河内村 ← 北河内村、西河内村、山河内村、赤松村[1]
    • 日和佐村 ← 日和佐浦、奥河内村、恵比須浜村
  • 1907年(明治40年)1月1日 - 日和佐村が町制施行して日和佐町(第1次)となる。
  • 1915年大正4年)8月 - 赤河内村役場が新築落成。
  • 1948年昭和23年)6月1日 - 赤河内村の一部(大字北河内字田井)が日和佐町(第1次)に編入。
  • 1956年(昭和31年)9月30日 - 赤河内村が日和佐町(第1次)を編入・町制施行して赤河内町となる。赤河内町が即日改称して日和佐町(第2次)となる。
  • 2006年平成18年)3月31日 - 由岐町と合併して美波町が発足。同日日和佐町(第2次)廃止。

行政[編集]

歴代村長[編集]

赤河内村時代の歴代村長。

氏名 就任年月日 退任年月日 備考
初-3 谷崎安太郎 1889年明治22年)12月5日 1899年明治32年)8月1日  
4-5 井上喜久太 1899年明治32年)12月2日 1907年明治40年)12月8日  
6-7 古角栄三郎 1908年明治41年)3月10日 1916年大正5年)3月6日  
8-13 五島利明 1916年大正5年)3月27日 1940年昭和15年)4月9日  
14-15 中久治一 1940年昭和15年)4月12日 1944年昭和19年)5月31日  
16 亀谷良作 1944年昭和19年)8月8日 1945年昭和20年)10月8日  
17 鈴木利市 1945年昭和20年)10月20日 1946年昭和21年)11月8日  
18 牧本市太郎 1947年昭和22年)4月1日 1948年昭和23年)4月30日 公選
19 永井芳松 1923年昭和23年)5月20日 1952年昭和27年)5月19日  
20 鈴木利市 1952年昭和27年)5月20日 新日和佐町長  

姉妹都市・提携都市[編集]

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

道路[編集]

なし
国道55号
日和佐道路
徳島県道19号阿南鷲敷日和佐線
徳島県道25号日和佐小野線
徳島県道36号日和佐上那賀線
日和佐

出身有名人[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 町村合併後大字〇〇村と称した。1915年(大正4年)1月1日、大字村称を廃止。1956年(昭和31年)10月1日大字称を廃し、地称だけになった。

参考文献[編集]

  • 赤河内村郷土誌
  • 日和佐町史
  • 『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。

関連項目[編集]