日和佐町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日和佐町
廃止日 2006年3月31日
廃止理由 新設合併
日和佐町由岐町美波町
現在の自治体 美波町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 徳島県
海部郡
団体コード 36382-1
面積 117.69km²
総人口 5,734
(2004年3月1日)
隣接自治体 阿南市由岐町海南町牟岐町
那賀町
町の木 クスノキ
町の花 サクラ
日和佐町役場
所在地 779-2395
徳島県海部郡日和佐町奥河内字本村18番地1
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

日和佐町(ひわさちょう)は、徳島県海部郡に属した

2006年3月31日由岐町と合併し、美波町となった。

歴史[編集]

  • 1889年(明治22年)10月1日 - 町村制施行により、海部郡赤河内村日和佐村が発足。
  • 1907年(明治40年)1月1日 - 日和佐村が町制施行、日和佐町となる。
  • 1948年(昭和23年)6月1日 - 赤河内村大字北河内字田井を日和佐町に境界変更。
  • 1956年(昭和31年)9月30日 - 日和佐町・赤河内村が合併し、(新)日和佐町が発足。(同日中に「赤河内村が町制施行」→「赤河内町が日和佐町を編入合併」→「赤河内町を日和佐町に改称」するという複雑な経緯を経ている。名称は「日和佐町」だが、自治体としては旧赤河内村が継承されている。)
  • 2006年(平成18年)3月31日 - 由岐町と合併、美波町発足。日和佐町消滅。

地理[編集]

大部分が山地であり、南東側は太平洋に面する。 町内の大浜海岸にはウミガメが上陸する。1967年に「大浜海岸のウミガメ及びその産卵地」として国の天然記念物に指定された。

河川[編集]

自治体交流[編集]

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

道路[編集]

なし
国道55号
日和佐道路
徳島県道19号阿南鷲敷日和佐線
徳島県道25号日和佐小野線
徳島県道36号日和佐上那賀線
日和佐


出身有名人[編集]

関連項目[編集]