日吉八幡神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日吉八幡神社
社殿
所在地 秋田県秋田市八橋本町1丁目4-1
位置 北緯39度43分20秒
東経140度5分50秒
主祭神 大山咋神大物主神八幡大神
社格 県社
創建 不明
例祭 9月15日
テンプレートを表示

日吉八幡神社(ひえはちまんじんじゃ)は、秋田県秋田市にある神社である。

由緒[編集]

社伝では、平安時代日枝山王石清水八幡宮勧請し日吉山延命寺と称したとされているが、鎌倉時代とする説もあり詳細は不明。当初は秋田郡笹岡村(現在の秋田市外旭川)に鎮座したが、鎌倉時代には五十丁村(現在の秋田市上新城五十丁)に遷り、天正17年(1589年)に安東実季により飯島村に、元和元年(1615年)には佐竹義宣により寺内村字油田に遷ったと伝えられている。寛文2年(1662年)現在地に移ったが大火により焼失し、安永7年(1778年)に再建した。

安東氏からは社領200石が寄進され、佐竹氏の信仰も厚かったが、元和の久保田の町割りに際し外町の鎮守とされたことで、八橋の山王さんとして主に町人たちからの信仰を集めた。

明治時代には県社に列せられ、現在も近隣住民に親しまれている。北側から見ると仏式、東側から見ると神式の建物配置となっており、その神仏習合様式について建築学の分野から論文が執筆されている。

祭神[編集]

大山咋神大物主神八幡大神

境内外社[編集]

  • 大山祗神社

文化財[編集]

建造物[編集]

三重塔

秋田県指定有形文化財

年表[編集]

  • 平安時代:秋田郡笹岡村に創建
  • 鎌倉時代:同郡五十丁村に遷座
  • 天正17年(1589年):同郡湊に遷座
  • 元和元年(1615年):同郡八橋村に遷座
  • 寛文2年(1662年):現在地に遷座
  • 安永7年(1778年):焼失後再建
  • 昭和40年(1955年)4月1日:住居表示実施に伴い、秋田市川尻町・八橋のそれぞれ一部が、日吉八幡神社に由来する地名「山王一丁目」〜「同六丁目」となった

交通[編集]

バス[編集]

その他[編集]

  • 駐車場 : 有り


関連項目[編集]