旋毛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

旋毛(つむじ、せんもう)は、頭部毛髪が放散するようにうずを巻いている部分のことである。主に頭頂部に見られる。

右巻きの旋毛と左巻きの旋毛の二通りがあり、左向きの旋毛を持つ人と右巻きの旋毛を持つ人の割合は右巻きが63%、左巻きが31%[要出典]。一箇所のみの人が大多数であるが、時には旋毛を持っていない人や、複数の旋毛を持つ人もいる。

の旋毛

旋毛は人間以外の動物にも見られる。

慣用表現[編集]

旋毛を使った慣用表現として、「つむじ曲がり」や「左巻き」がある。意味はともに変わり者や捻くれ者を指すが、これは釈迦白毫が右巻きであったことに由来する。また、沖縄県ではつむじを二つ持つことを「たーちまちゃー」(「ふたつ巻きや」の訛り)と呼び、わんぱくものの意味に用いる。

関連項目[編集]