旅愁 (1950年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
旅愁
September Affair
監督 ウィリアム・ディターレ
脚本 ロバート・ソーレン
原案 フリッツ・ロッター
製作 ハル・B・ウォリス
出演者 ジョーン・フォンテイン
ジョゼフ・コットン
音楽 ヴィクター・ヤング
撮影 チャールズ・ラング
ヴィクター・ミルナー[1]
編集 ウォーレン・ロウ
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1950年10月18日
日本の旗 1952年4月10日
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
イタリア語
テンプレートを表示

旅愁』(りょしゅう、原題:September Affair)は、1950年アメリカ映画

ストーリー[編集]

イタリアからアメリカに向かう旅客機に乗り合わせたピアニストの女性と妻子ある男性の運命的な恋を描く。

キャスト[編集]

備考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ヨーロッパロケ。クレジットなし。
  2. ^ 元々は1938年から1939年にかけて上演されたブロードウェイミュージカルニッカボッカ・ホリディ(原題:Knickerbocker Holiday)』でウォルター・ヒューストンが歌った曲であるが、この映画のために再録され、大ヒットした。また米国ではポップスのスタンダード・ナンバーとなっており、数多くの歌手によってカバーされている。

外部リンク[編集]