新鶴見機関区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新鶴見機関区
Shin-Tsurumi.jpg
鉄道事業者 日本貨物鉄道
帰属組織 関東支社
所属略号
電気機関車配置両数 78両
内燃機関車配置両数 2両
合計配置両数 80両
備考 2011年2月現在のデータ

新鶴見機関区(しんつるみきかんく)とは、神奈川県川崎市幸区新鶴見信号場構内にある日本貨物鉄道(JR貨物)の車両基地・乗務員基地である。管轄下に本機関区の分所である川崎派出運転士が所属する甲府派出がある。かつては東京都八王子市八王子派出があったが、2008年に甲府派出と統合、廃止された。

主な施設[編集]

  • 新鶴見機関区神社‏
    • 新鶴見機関区の機関区神社は、1942年(昭和17年)当時の職員が新鶴見機関区の安全を祈願して手造りで建立された。2008年(平成20年)4月吉日には全面修築、又安全の塔が安全の鐘に改修された。新形式車が完成し、新鶴見機関区に入区すると、大抵この神社前で記録撮影される。
  • 神奈川臨海鉄道新鶴見運輸所
    • 新鶴見機関区、及び新鶴見信号場の機関車誘導等を受託している。

配置車両に表示される略号[編集]

」 - 新鶴見を意味する「新」から構成される。

※ 「」の区名札は本来当機関区の所属を示すものであるが、東日本旅客鉄道(JR東日本)新津運輸区所属の機関車C57形180号機にも同様の区名札が使用された。

配置車両[編集]

原則電気機関車のみが配置され、関東地方幹線を中心に高速貨物列車などの牽引にあたる。

2014年1月29日現在の所属車両である[1]

電気機関車
1000番台と2000番台の49両が配置されている。

1001・1072・1078・1079・1082・1122号機

2036・2037・2040・2050・2057・2058・2060・2061・2063・2065 - 2070・2074 - 2077・2080・2081・2083 - 2097・2101・2117・2119・2121・2127・2138・2139号機

100番台の33両が配置されている。
ハイブリッド機関車
900番台の1両、0番台の15両の計16両が配置されている。

運転士乗務範囲[編集]

歴史[編集]

  • 1930年(昭和5年) - 新鶴見分庫開設[2]
  • 1933年(昭和8年)1月21日 - 新鶴見分庫より新鶴見機関庫に昇格[3]
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化に伴い、日本貨物鉄道(JR貨物)関東支社新鶴見機関区となる。

川崎派出[編集]

新鶴見機関区川崎派出(しんつるみきかんくかわさきはしゅつ)とは、神奈川県川崎市川崎区東海道本線貨物支線(通称:東海道貨物線川崎貨物駅構内にある新鶴見機関区管轄の車両基地である。業務の一部を神奈川臨海鉄道に委託している。

配置車両に表示される略号[編集]

略号は「」である。なお、川崎機関区時代は「」であった。

配置車両[編集]

ディーゼル機関車が配置され、主に関東地方の貨物駅貨車入換作業などを行っている。

ディーゼル機関車
1000番台の4両、1500番台の14両が配置されている。
2000番台の4両が配置されている。

甲府派出[編集]

新鶴見機関区甲府派出(しんつるみきかんくこうふはしゅつ)とは、山梨県甲府市にある新鶴見機関区管轄の乗務員基地である。

歴史[編集]

かつては同所に甲府機関区(こうふきかんく)があり、中央本線の全面電化前は同区で電気機関車蒸気機関車の交換を行なっていた。全面電化後も笹子峠等の勾配対策や身延線用にEF64形が配備されていたが、国鉄末期の合理化や駅周辺整備のため1984年に甲府運転区に組織の改編が行われ、同時に貨物駅も竜王駅に集約されている。1985年3月改正により身延線用として残っていたEF64 56・57の配置もなくなった。その後、新鶴見機関区に吸収され、同派出のみが残された。機関区の線路は1990年頃に撤去され、甲府駅北口にある当時の機関区事務所が東日本旅客鉄道(JR東日本)甲府総合事務所(甲府運転区が入居)として唯一当時の名残を残していたが、再開発に絡みその後総合事務所は移転し、機関区時代からの建物は閉鎖・解体された。

甲府機関区時代に配置されていた機関車

  • 蒸気機関車
    • 2100形 -(在籍1931年)
    • 2120形 -(在籍1931年-1955年)
    • 9600形 -(在籍1931年-1941年)
    • D51形 -(在籍1941年、1951年-1965年)
    • D50形 -(在籍1943年-1951年)
    • C12形 -(在籍1957年-1965年)
    • C11形 -(在籍1959年)
    • 「国鉄動力車配置表』1931年より1965年までの1945年を除く隔年分から『世界の鉄道』1967年、朝日新聞社
  • 電気機関車
  • 「国鉄動力車配置表』1931年より1967年までの1945年を除く隔年分から『世界の鉄道』1969年、朝日新聞社


保存車両[編集]

構内に静態保存されていたが、屋根がなかったことから、酷く色褪せ車体は朽ちてしまっていた。2007年末に解体された。

上記のDE11形の隣に静態保存されていた。機関車本体に加え、ラッセルヘッドが一端頭、二端頭ともに装着されていた。やはり屋根もなく風雨に晒されていたために、酷く色褪せ車体は朽ちてしまっていた。2007年末にDE11形とともに解体された。

運転士見習他の訓練車として、使用されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2013JR貨物時刻表p.261、社団法人鉄道貨物協会
  2. ^ 『鉄道省年報. 昭和4年度』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  3. ^ 『鉄道省年報. 昭和7年度』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)

関連項目[編集]