新連邦条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

新連邦条約(しんれんぽうじょうやく、ロシア語: Новый союзный договор)は、ソビエト連邦において1991年8月20日に正式調印が予定されていた条約。ソ連のミハイル・ゴルバチョフ大統領が提案し、同年7月の段階で条約調印の最終合意が成されていたが、8月クーデターによって破棄された。その結果、ソ連は1つの国家としての形態を維持できなくなり、解体へと向かった。

条約は、形式的には連邦制だが実際には中央集権制だったソ連を、より緩やかな国家連合へと再編することで、崩壊の過程をたどっていた連邦を維持しようという内容だった。その中では、国名をソビエト社会主義共和国連邦からソビエト主権共和国連邦Союз Советских Суверенных Республик)と改称し、連邦を構成していた15共和国の大幅な権限強化が謳われていた。

しかし既に分離独立を宣言していたバルト三国エストニアラトビアリトアニア)は当初から条約調印の意思を持たず、またモルダビア(現在のモルドバ)、グルジアアルメニアも批准しなかった。

その後の交渉により11月、7共和国が連邦結成条約に同意し、最終的に国名は主権国家連邦Союз Суверенных Государств)とされた。しかしウクライナは参加せず、エリツィンはロシアの利益を求め同意を破棄した。結果として、ソビエト連邦は1991年12月25日に消滅した。

関連項目[編集]