新見公立短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新見公立短期大学
新見公立大学・短期大学
新見公立大学・短期大学
大学設置/創立 1980年
学校種別 公立
設置者 公立大学法人新見公立大学
本部所在地 岡山県新見市西方1263-2
学部 看護学科[注 1]
幼児教育学科
地域福祉学科
研究科 地域看護学専攻
ウェブサイト 新見公立短期大学公式サイト
テンプレートを表示

新見公立短期大学(にいみこうりつたんきだいがく、英語: Niimi College)は、岡山県新見市西方1263-2に本部を置く日本公立大学である。1980年に設置された。大学の略称は新見短大。

概観[編集]

大学全体[編集]

  • 新見公立短期大学は、岡山県新見市内にある日本公立短期大学である。当初は、新見市・大佐町神郷町哲多町哲西町からなる阿新広域事務組合により設立されたいわゆる全国初且つ唯一の組合立短期大学として設置された。これは、1980年前後の文部省が1自治体単独での短大設置に難色を示したため、開学認可を得るための苦肉の策として組合立が取られたものである。
    校地は、旧新見市立商業高等学校(1977年に岡山県立新見北高等学校に合併)の校地を転用した。
    2005年、事務組合の町が新見市に編入されたことにより設置者が新見市に変更となった。沿革の欄にもあるように2008年度より公立大学法人化された。学科体制は3学科となっている。
  • 2010年4月に、3年制の看護学科および1年制の地域看護学専攻科を4年制の看護学部看護学科に改編して、新見公立大学として開学した。

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 新見公立短期大学の教育理念は「誠実・夢・人間愛」となっている。

教育および研究[編集]

  • 新見公立短期大学には、看護・幼児教育・地域福祉の各学科が設けられており、医療福祉に携わる人材育成に力をいれていることがうかがえる。

学風および特色[編集]

沿革[編集]

  • 1980年 新見女子短期大学として開学。岡本正が初代学長に就任。以下の2学科を置く。
    • 看護学科:在学者数は女子47[1][2]
    • 幼児教育学科:在学者数は女子64[1][2]
  • 1983年 岩田清二が学長に就任。
  • 1984年 那須毅が学長に就任。
  • 1993年 小田琢三が学長に就任。
  • 1996年 地域福祉学科が増設される:在学者数は女子49[1][3]
  • 1998年 新居志郎が学長に就任。
  • 1999年 新見公立短期大学に改称。看護学科(2、女195[1][4])と幼児教育学科(男1、女114[1][4])が共学となる。
  • 2000年 地域福祉学科が共学となる。
  • 2002年 難波正義が学長に就任。
  • 2004年 専攻科を設置。
  • 2005年 設置者を新見市に変更。
  • 2008年 設置者を公立大学法人新見公立短期大学に変更する。
  • 2010年 新見公立大学開学。法人名を公立大学法人新見公立大学に変更する。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 岡山県新見市西方1263-2

交通アクセス[編集]

教育および研究[編集]

遠望

組織[編集]

学科[編集]

  • 看護学科[注 1]
  • 幼児教育学科
  • 地域福祉学科

専攻科[編集]

別科[編集]

  • なし
取得資格について[編集]
資格

 社会福祉士及び介護福祉士法の定める職務に5年間就くと社会福祉主事の資格と共に社会福祉士の国家試験資格が貰える

受験資格
教職課程

附属機関[編集]

  • 新見公立短期大学附属図書館(2008年2月新築。)
  • にいみ子育てカレッジ
  • 幼児教育学科教育研修センター

研究[編集]

  • 『学報まんさく』が毎年、3月7月に発行されている。

教育[編集]

  • 現代的教育ニーズ取組支援プログラム
    • 「地域のニーズに応える看護専門職養成-在宅高齢者支援プログラムとサービス・ラーニング-」にて2006年採択。
    • 「電子カルテ教育システムによる看護基礎教育-個別的・双方向的手法で医療情報と看護を学ぶ教育改善指向型プログラム--」にて2007年採択。
  • 特色ある大学教育支援プログラム
    • 「地域と創る『にいみこどもフェスタ』」にて2004年採択。
    • 「実践力が育つ保育者養成システム」にて2006年採択。
    • 「質の高い看護職養成のための看護研究-主体的課題発見能力を育てる学習支援-」にて2007年採択
  • 資質の高い教育養成推進プログラム
    • 「大学コンソーシアムによる保育者の養成-地域社会に密着した子育て支援と幼保一元化への対応-」にて2006年採択。
  • 質の高い大学教育推進プログラム
    • 「生活文化を視点にした介護福祉士養成教育-地域住民と学生による相互支援活動を通して-」にて2008年採択。

学生生活[編集]

学生組織[編集]

  • 学友会:会長を中心とし、30人程度で活動している。学校行事の運営や学校生活を支える会で、学生と大学教職員のパイプ役を担っている。全学生は入学時(在学生は4月)に会費を支払わなければならない。
  • 学園祭実行委員会:委員長を中心とし、学園祭の企画・運営を行ったり、他大学の学園祭実行委員との相互交流などを行っている。昔は学友会の付属委員会だったが、今では完全に独立している。
  • その他、卒業アルバムの編集を行うアルバム委員、身体検査・尿検査等で回収や教員の補助を行う保健委員等がある上に、各学科で行事等を行う際にボランティアとは別で行事の企画・運営を行う委員を募ることがある。

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 新見公立短期大学の学園祭は「鳴滝祭」と呼ばれ毎年、概ね5月に行なわれている。ちなみに2006年度のテーマは「もう止まらナインすぅ!!このノリYo!!」であり、2009年度は「鳴滝イレブン、いい気分」だった。ちなみに、2008年度にはたむらけんじが来た。2009年度は椿姫彩菜が来校するなど、有名人も来ている。

ボランティア活動[編集]

  • 新見公立短期大学のボランティア活動は各学科・各学年ごとに行われることが多い。看護学科・幼児教育学科にはボランティア部なるものがあり、それらが中心となり活動を行っている。また、地域福祉学科でも独自のボランティア部を2010年に設立し、そこを中心として活動している。また、学園祭実行委員が募るボランティアや大学事務局が募る入学試験時のボランティアなどもある。その他には学科ごとに講義の中や学科行事として参加したり、教職員が募集をかける場合が多い。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 「新見公立短期大学後援会」なる組織がある。
  • 「新見公立短期大学同窓会」なる組織がある。

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

  • 岡本正:初代学長
  • 難波正義:現学長

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 本館
    • 学務課ほか
  • 1号館
    • 介護実習室
    • 入浴実習室ほか
  • 2号館
    • 学生食堂
  • 3号館
    • 栄養実習室
    • ピアノ練習室ほか
  • 学生会館
    • 多目的ホール
    • 大学祭実行委員会室ほか

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

専攻科
  • 地域看護学専攻:専門職として勤務している人が多いものとみられる。

編入学・進学実績[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

公式サイト[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 出典:『全国学校総覧
  2. ^ a b 昭和56年度版39頁より。
  3. ^ 1997年度版59-60頁より。
  4. ^ a b 2000年度版58頁より。

注釈[編集]

  1. ^ a b 学生募集は2009年入学生で最終。2012年3月31日付けで正式廃止。