新聞漢字表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

新聞漢字表(しんぶんかんじひょう)は、新聞記事などで使用する漢字の字種と音訓を示す漢字表。日本の新聞・通信放送各社は、常用漢字表を基に日本新聞協会新聞用語懇談会が決めた新聞常用漢字表、あるいはそれに自社で若干の字種などの増減を施したものを基準として漢字を使用している。

社団法人共同通信社編著『記者ハンドブック : 新聞用字用語集』第10版・第11版(株式会社共同通信社、2005年・2008年)に掲載され、同社が使用する漢字の字種と音訓を示す表に「新聞漢字表」の名称が使われた。新聞用語懇談会編『新聞用語集 2007年版』(日本新聞協会)に掲載された「新聞常用漢字表」と基本的に同じ内容である。

2010年の改定常用漢字表を反映した『記者ハンドブック』第12版(2010年)ではこの名称は使われていない。このほか朝日新聞社用語幹事編『朝日新聞の用語の手引』(朝日新聞出版、2010年)、時事通信社編著『最新用字用語ブック』第6版(時事通信社、2010年)、読売新聞社編著『読売新聞用字用語の手引』第3版(中央公論新社、2011年)といった市販されている用字用語手引書に各社の漢字表が掲載されている。朝日のものは「朝日新聞漢字表」と題している。