新生 (詩集)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

新生』(しんせい、: vita nuova)は、1314世紀イタリアの詩人ダンテ・アリギエーリが、若い時代に書いた詩31篇とその詩を書くにいたった由来や解題をまとめた詩文集である。1293年頃に執筆された。『神曲』に次ぐダンテの代表作であり、当代を代表する清新体派詩人ダンテにとって最初の重要な作品とされる。

ダンテは幼い時に美少女ベアトリーチェと出会い、青年になって彼女と再会して会釈を受け、激しい恋心を抱くが、ベアトリーチェはほどなくして病気により夭逝した。その悲報を受けてダンテは惑乱し、かねてベアトリーチェについて綴ってきた詩文と、彼女を喪ったことの悲しみをうたった詩をともに『新生』としてまとめ上げた。

この中で描写されたベアトリーチェへの賛美に満ちた描写は、のちに『神曲』において天国界の「永遠の淑女」ベアトリーチェの萌芽となった。

邦訳[編集]

関連項目[編集]

翻訳[編集]