新琴似神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新琴似神社
Shinkotoni Shrine.JPG
所在地 北海道札幌市北区新琴似8条3丁目1-6
主祭神 天照皇大御神
豊受大神
神武天皇
社格 村社
創建 1887年明治20年)
例祭 5月20日
テンプレートを表示

新琴似神社(しんことにじんじゃ)は、北海道札幌市北区にある神社

概要[編集]

1887年(明治20年)5月20日に、陸軍屯田兵歩兵第一大隊第三中隊が、札幌の北に位置した琴似村新琴似の地に入植するが、まもなく中隊本部近くに神祠が建立された[1]。これが、新琴似神社の始まりである。後に、5月20日を、例祭の日にちにしている。

その後、1906年(明治39年)に、奥殿が造築される[1]。1913年(大正2年)に、社殿が造営される[1]。1925年(大正14年)に、村社列格となる[1]

氏子世帯数は、33,500世帯である[1]

境内には、新琴似屯田兵中隊本部として使用されていた建物が1972年(昭和47年)に復元され、資料館となっている[2]

所在地[編集]

祭神[編集]

主な年中行事[編集]

  • 歳旦祭(1月1日)
  • 元始祭(1月3日)
  • 春の大祭(5月19日-21日)
  • 秋の大祭(9月19日-21日)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]