新港 (神戸市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新港第三、第二、第一突堤、手前は旧国立生糸検査所神戸税関

新港(しんこう)は兵庫県神戸市中央区にある神戸港を構成する地区の名称。幕末には勝海舟の建言で神戸海軍操練所が設置されていた。その沖合いに明治時代末から大正時代にかけて建設された第一突堤~第四突堤は、歴史的建造物が点在する突堤袂のエリアと共に、古い港町の雰囲気をのこす。

第四突堤(神戸ポートターミナル)は日本最大の客船用ターミナルとして知られ、また第一突堤~第四突堤は日本で初めてケーソン工法で建造された埠頭としても知られる。

略歴[編集]

  • 1907年(明治40年) - 第1期修築工事着工
  • 1921年(大正10年) - 第1期修築工事で新港第1、2、3突堤竣工
  • 1922年(大正11年) - 第1期修築工事で新港第4突堤竣工
  • 1927年(昭和2年) - 神戸税関2代目庁舎竣工
  • 1939年(昭和14年) - 第2期修築工事で新港第5、6突堤竣工。戦争による工事中断を経て、神戸埠頭、第7突堤、第8突堤は戦後竣工
  • 1997年(平成9年)11月 - 第5突堤~第6突堤間の埋立工事完工
  • 1998年(平成10年)7月 - 第6突堤~第8突堤間の埋立工事完工。
    • 第5突堤から第8突堤の間の海は全て埋め立てられ、新港東埠頭という名称に変更。
  • 1999年(平成11年)7月 - 港島トンネル開通、新港東埠頭連絡線完工

突堤(波止場)[編集]

新港第一突堤西岸全景、接岸する日本丸II世海王丸II世
神戸ポートターミナル(新港第四突堤)に接岸するふじ丸エキスプローラー
新港第三突堤に入港する「りつりん2」

新港突堤は、中突堤の東隣に位置する西端の第一突堤から神戸大橋のかかる第四突堤と新港東埠頭で構成されている。

新港第一突堤[編集]

西岸からメリケンパークハーバーランドを至近距離から一望でき、東岸からは神戸大橋とポートアイランドを望むことができる。日本丸海王丸などの練習帆船は当突堤に停泊する。現在突堤上の倉庫は全て取り壊され更地となっており、再開発が予定されている。

新港第三突堤[編集]

新港フェリーターミナル。東岸から新港第四突堤~神戸大橋~ポートアイランドを一望できる夜景の名所。ジャンボフェリーが運航するフェリーが発着する。(三ノ宮駅から神戸フェリーバスの有料送迎バス便あり) 2014年10月には宮崎カーフェリーが大阪南港から移転して就航予定。

新港第四突堤[編集]

神戸ポートターミナル。水深12mから10mの6つのバースを有する日本最大の客船用ターミナル。CIQが設置されており、外国のクルーズ客船や日中定期国際フェリーが発着する。1921年(大正10年)に当突堤に建設された信号所1992年(平成4年)に高浜岸壁南端に移設されて、現在はハーバーランドのシンボルとなっている。

新港東埠頭[編集]

総面積約96ha。最新の波止場。

主な建築物等[編集]

所在地[編集]

兵庫県神戸市中央区新港町(新港第一~第四突堤)・小野浜町(新港東埠頭)

交通アクセス[編集]

近隣の旅客船ターミナル[編集]

周辺地区[編集]

外部リンク[編集]