新海征治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

新海 征治(しんかい せいじ、1944年7月5日 - )は日本化学者工学博士九州大学名誉教授。現九州大学高等研究院特別主幹教授、崇城大学教授九州先端科学技術研究所所長。
専門は多岐に渡るが、分子認識メカニズムの解明と、それらの知見を応用した分子機械システムの構築などを行っている。Wiley社が発行する世界的に著名な化学雑誌であるAngewandte Chemie 誌のアドバイザリー・ボード(顧問委員会)の委員を2000–2009年に務めた。

略歴[編集]

受賞歴[編集]

科学系の技術情報を網羅するトムソン・ロイター社のトムソン・ロイター・サイエンテフィックが行うトムソン・ロイター引用栄誉賞ジョージ・ホワイトサイズ(ハーバード大学)、Fraser Stoddart(ノースウェスタン大学)らと共に2003年から3年連続で受賞。受賞理由は『ナノスケールの機械製造およびマイクロエレクトロニクスの大幅な発展を約束する、分子自己集合に関する先駆的研究』。同賞はノーベル賞受賞者の予測を兼ねており、分子機械のパイオニアとしてたびたびノーベル化学賞候補として挙げられている。

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース