新津勝資

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

新津 勝資(にいつ かつすけ- 慶長5年(1600年))は、戦国時代の武将。上杉氏の家臣。丹波守を名乗る。

新津氏は、金津氏の支流で清和源氏平賀氏流の名門である。新津勝邦の婿養子で実父は山吉政久山吉豊守の父)。

第四次川中島の戦いでは他の揚北衆と共に参陣し遊軍として活躍。上杉景勝の時代には新発田重家の乱、小田原征伐文禄・慶長の役など、ほぼ全ての戦に参戦しており、景勝から多くの活躍を賞されている。その戦いぶりから上杉二十五将に選ばれている。

文禄2年(1593年)、婿養子の秀祐に家督を譲り、慶長5年(1600年)8月に転封先の会津にて戦いに明け暮れた生涯を閉じた。