新板橋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新板橋駅
A3出入口(2007年8月)
A3出入口(2007年8月)
しんいたばし - Shin-itabashi
I 16 西巣鴨 (1.0km)
(0.9km) 板橋区役所前
I 18
所在地 東京都板橋区板橋一丁目53-17
駅番号 I 17
所属事業者 PrefSymbol-Tokyo.svg 東京都交通局都営地下鉄
所属路線 I 三田線
キロ程 17.0km(目黒起点)
電報略号 板(駅名略称)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
24,956人/日
-2011年-
開業年月日 1968年昭和43年)12月27日

新板橋駅(しんいたばしえき)は、東京都板橋区板橋一丁目にある、東京都交通局都営地下鉄三田線である。駅番号I 17

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線の地下駅

西高島平方に引き上げ線を持ち、目黒方面への始発列車が滞泊する[1]

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 I 都営三田線 巣鴨白金高輪目黒東急線方面
2 I 都営三田線 高島平西高島平方面

利用状況[編集]

2011年度の1日平均乗降人員は24,956人(乗車人員 12,410人、降車人員 12,546人)である[2]。各年度の1日平均乗車人員数は下表のとおり。

年度 都営地下鉄 出典
1990年 11,808 [3]
1991年 12,046 [4]
1992年 12,205 [5]
1993年 12,288 [6]
1994年 12,153 [7]
1995年 11,448 [8]
1996年 11,364 [9]
1997年 11,455 [10]
1998年 11,403 [11]
1999年 11,016 [12]
2000年 10,995 [13]
2001年 11,241 [14]
2002年 11,496 [15]
2003年 11,478 [16]
2004年 11,534 [17]
2005年 11,586 [18]
2006年 11,652 [19]
2007年 11,981 [20]
2008年 12,104 [21]
2009年 11,997 [22]
2010年 12,222 [23]
2011年 12,444 [24]

駅周辺[編集]

A1出口[編集]

A2出口[編集]

A3出口[編集]

歴史[編集]

名称について[編集]

駅名の由来としては、地下鉄代替により廃止された都電志村線の電停として存在した「板橋駅前電停」のほぼ同位置にあり、また最寄りには国鉄赤羽線(現:JR東日本埼京線板橋駅、地名として適当であろう「下板橋」はすでに近隣に距離があるものの当初乗り入れ相手とされた東武東上線下板橋駅として採用されていた兼ね合いから板橋にを冠する名称を採用した可能性がある。

なお、国道17号で石神井川にかかっている新板橋とは地理的に直接的な関係はない。同橋は三田線では板橋区役所前駅板橋本町駅の間となる。

隣の駅[編集]

東京都交通局
I 都営三田線
西巣鴨駅 (I 16) - 新板橋駅 (I 17) - 板橋区役所前駅 (I 18)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]