新木津川大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新木津川大橋(南側から撮影)
両岸の袂に木津川渡船の乗船場が見える。
ループの部分

新木津川大橋(しんきづがわおおはし)は、大阪市大正区船町1丁目と大阪市住之江区柴谷2丁目の間の木津川に架かるアーチ橋である。

中央部の橋長は495m、中央部のスパンは305m、総延長は2.4km、幅員は11.25m。アーチ橋としては完成当時日本最長で、また世界でも14位の規模を誇った。

概要[編集]

大阪市南西部に環状道路網を形成し、流通をスムーズにする目的で架設された。1994年に完成。

木津川の両岸には工業地帯が広がり、大型船が往来する関係で、橋の高さは最高地点で水面上50mの高さになっている。その関係で、取り付け道路部分が通常の橋と比較して長くなり、北側(大正区側)では3重のループになっている。この高さでは歩行者自転車の利用が困難であるため、橋に沿って木津川渡という渡し船が運行されている。

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度37分32.1秒 東経135度27分47.1秒