新日鐵住金名古屋製鐵所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

新日鐵住金名古屋製鐵所(しんにってつすみきんなごやせいてつじょ)は、愛知県東海市にある[1]新日鐵住金製鉄所である。

概要[編集]

名古屋港に面する愛知県東海市東海町5-3に名古屋製鐵所がある。敷地面積は約623万m²(約189万坪、東京ドーム130個分)、従業員数は約2600人。高炉は2基あり、年間の粗鋼生産量は約600万トン(日本で第7位)。

中部地方唯一の銑鋼一貫製鉄所であり、トヨタ自動車など工業の街・中部を支えている。 2003年9月3日の爆発事故によって一時的に生産量が衰えた際には、自動車メーカーや機械類を製造する工場は生産ラインの一時停止や関西などからの緊急的な鉄鋼調達に追われた。

生産品[編集]

沿革[編集]

  • 1958年昭和33年)9月1日 - 富士製鐵愛知県などの周辺自治体トヨタ自動車を中心とする中部地方の財界が共同出資で東海製鐵株式會社を設立。
  • 1960年(昭和35年)7月23日 - 起工式を開催。
  • 1961年(昭和36年)10月28日 - 冷延工場操業開始。
  • 1963年(昭和38年)6月22日 - 熱延工場操業開始。
  • 1964年(昭和39年)9月5日 - 第1高炉竣工、火入れ。
  • 1967年(昭和42年)6月6日 - 第2高炉竣工、火入れ。
  • 1967年(昭和42年)8月1日 - 東海製鐵が富士製鐵に合併、同社の名古屋製鐵所として発足。
  • 1969年(昭和44年)4月5日 - 第3高炉竣工、火入れ。
  • 1970年(昭和45年)12月 - 第1高炉火入れ、第二次操業開始。
  • 1970年(昭和45年)3月31日 - 新日本製鐵株式會社発足、同社の名古屋製鐵所となる。
  • 1971年(昭和46年)4月1日 - 新日本製鐵が富士三機鋼管を合併、同社の名古屋工場を統合、鋼管製造開始。
  • 1972年(昭和47年)12月 - 第2高炉火入れ、第二次操業開始。
  • 1974年(昭和49年)12月 - 第3高炉火入れ、第二次操業開始。
  • 1977年(昭和52年)6月 - 第1高炉吹き止め。
  • 1979年(昭和54年)3月26日 - 第1高炉火入れ、第三次操業開始。
  • 1979年(昭和54年)4月13日 - 第2高炉吹き止め、後に解体。
  • 1984年(昭和59年)12月 - 第3高炉火入れ、第三操業開始。
  • 1990年平成2年)4月 - •東海共同発電(株)発電設備完成。
  • 1990年平成2年)7月1日 - メタル担体工場が操業開始。
  • 1992年(平成4年)1月12日 - 第1高炉吹き止め。
  • 1992年(平成4年)5月6日 - 第1高炉火入れ、第四次操業開始。
  • 2000年(平成12年)4月 - 第3高炉火入れ、第四次操業開始。
  • 2003年(平成15年)9月3日 - ガスホルダー爆発炎上事故が発生。
  • 2006年(平成18年)7月1日 - メタル担体工場を新日鉄マテリアルズに譲渡。
  • 2007年(平成19年)2月1日 - 第1高炉吹き止め。
  • 2007年(平成19年)4月25日 - 第1高炉火入れ、第五次操業開始。
  • 2010年(平成22年)3月12日 - 午前10時30分頃、厚板工場にて労働災害発生。1人死亡、1人重体。
  • 2012年(平成24年)10月1日 - 新日本製鐵と住友金属工業が合併し新日鐵住金が発足、同社の名古屋製鐵所となる。
  • 2014年(平成26年)1月17日 - 自家発電所でブレーカーがショートし、火が出て出火する事故が発生する。

専用線[編集]

名古屋製鐵所の構内から、名古屋臨海鉄道名古屋南貨物駅へ続く専用線が存在する。この専用線は、コンテナによる製品の発送や、岐阜県大垣市にある鉱山からの石灰石搬入のために使用されている[2]。全線非電化で、ディーゼル機関車牽引の貨物列車が走っている。

諸問題[編集]

高アルカリ水の海洋への漏出[編集]

2010年1月、名古屋製鐵所から、水質汚濁防止法で定められた基準(水素イオン濃度(PH)5~9)を大幅に上回る高濃度のアルカリ(ph12.1~12.3)が、名古屋港に漏出しているのが見つかった。同製鐵所の敷地内には、護岸ブロック付近に於いて、埋め立て材としてスラグ(鉱滓)が使われていたが、これが水などと混合してアルカリ化し、岸壁に入っていた亀裂から漏出した模様である。名古屋海上保安部は同年11月1日に、同製鐵所で水質検査などを担当していた男性社員並びに、新日鐵本社を、同法違反容疑で書類送検した[3]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「名古屋製鉄所」を名乗るが、所在地は名古屋市ではなく、南隣の東海市にある。
  2. ^ 石灰石は製鉄の副原料として使用される。
  3. ^ 新日鉄名古屋:汚水漏出の疑い 会社と社員を書類送検 毎日新聞 2010年11月1日

座標: 北緯35度1分54.28秒 東経136度53分9.72秒