新屋駅 (秋田県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新屋駅
駅舎(2008年6月8日)
駅舎(2008年6月8日)
あらや - Araya
桂根 (4.0km)
(3.3km) 羽後牛島
所在地 秋田県秋田市新屋扇町9-33
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 羽越本線
キロ程 265.7km(新津起点)
電報略号 アラ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
956人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1920年大正9年)2月22日
備考 業務委託駅
みどりの窓口

新屋駅(あらやえき)は、秋田県秋田市新屋扇町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)羽越本線である。

歴史[編集]

  • 1920年大正9年)2月22日 - 国鉄の駅として河辺郡新屋町に開業。
  • 1964年昭和39年)10月1日 - 専用線発着を除く貨物の取扱いを廃止。
  • 1985年(昭和60年)3月14日 - 荷物の取扱いを廃止。
  • 1986年(昭和61年)11月1日 - 車扱貨物の取扱いを全廃。
    • この頃まで、当駅から国立食糧倉庫へ至る専用線と、十條パルプ工場(旧・十條製紙秋田工場)への専用線があった。パルプ工場からは数多くの貨物列車が設定されていたが、1986年3月19日に工場が閉鎖されたために廃止された。跡地は解体されて更地になり、現在はその一部が西部工業団地になっている。国立食糧倉庫への専用線は1970年代に貨物列車の設定が無くなったものの、1990年3月の倉庫の用途廃止まで線路が残っていた。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、JR東日本が継承。
  • 2003年平成15年)4月1日 - 駅業務委託開始。
  • 2006年(平成18年)11月25日 - 駅に情報案内用のLED表示機を設置。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を持つ地上駅。当駅では秋田方面への始発・終発も設定(平日の上り朝1本を除き、秋田駅 - 当駅間の区間運転)されており、上り始発列車は2番線からの発車となるが、18時台の1本のみ1番線からの発車となるので注意が必要である。

秋田駅管理の業務委託駅で、ジェイアールアトリスが業務を行っている。朝晩は駅員が不在となる。みどりの窓口(営業時間7時10分 - 17時30分)・自動券売機が設置されている。

のりば[編集]

1 羽越本線 (下り) 秋田方面
2 羽越本線 (上り) 羽後本荘酒田方面
(下り) 秋田方面(一部)

利用状況[編集]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2000 1,092
2001 1,050
2002 1,033
2003 1,002
2004 967
2005 1,008
2006 1,021
2007 1,022
2008 971
2009 925
2010 938
2011 952
2012 936
2013 956

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
羽越本線
快速
通過
普通
下浜駅 - 桂根駅(※) - 新屋駅 - 羽後牛島駅
(※)一部の列車は桂根駅に停車しない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 新屋駅(各駅情報) - 東日本旅客鉄道