新実智光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新実智光
誕生 1964年3月9日(50歳)
ホーリーネーム ミラレパ
ステージ 正大師
教団での役職 自治省大臣
入信 1986年
関係した事件 坂本堤弁護士一家殺害事件
松本サリン事件
地下鉄サリン事件
判決 死刑(上告棄却)

新実 智光(にいみ ともみつ、1964年3月9日 - )は元オウム真理教幹部。ホーリーネームミラレパ。教団内でのステージは正大師で、教団が省庁制を採用した後は自治省大臣だった。1986年オウム真理教の最初に開かれたセミナーから出席し、宮前一明大内利裕と並ぶ古株。坂本弁護士一家殺害事件松本サリン事件実行犯地下鉄サリン事件では運転手役。2010年2月死刑が確定。

人物[編集]

高校時代
学生時代は、その風貌から「空海」というあだ名をつけられたこともあった。友人にも恵まれ学生生活も楽しむが、高校生時代に地元の駅で目撃した2度の自殺事故に衝撃を受けてから「死とは何か」を考え、精神世界に興味をもつようになり、多くの宗教団体に入信する。麻原の言う「苦を感じなければ修行の道に入らない」との鉄則を高校時代から感じていた。これは生まれつき口唇に傷があったため、その傷を「苦」と感じていたためである。
高校時代に、その団体に入れば傷や病気が治ると信じ、ある宗教団体に入信するが、教義は「入信しない者の魂は、神の意思によって滅ぼされる」というものであった。新実は、そこには何ら神の愛はない、単なる神のエゴイズムに過ぎぬと感じ脱会する。これは新実にとって、最初の宗教への挫折となる。
その後は、読書に打ち込んだり、仙道的なことや瞑想を行うが次第に宗教から遠ざかり、空手など肉体的鍛錬に興味が移る。
大学時代
友人の勧めで大学時代の終わりに、再び別の宗教団体に入信するものの、同様に「よいことをしない魂は滅びる」との教義に「存在というものは、この神々の将棋の駒に過ぎないのか、いつでもその神々の意思によってなくなるのだろうか」との思いをいだく。しかし、新実は「私は決してそうではない、私たちには本当の力があるはずだ、神と同じレベルの魂が内在するはずだ」と感じるに至る。このため、神が持つとされる霊力を自分自身も持ちたいと考えるようになる。
このときにオカルト雑誌『ムー』や『トワイライトゾーン』などで麻原彰晃空中浮揚の記事が目にとまり、ヒヒイロカネのプレゼントに応募したことがきっかけで、大学卒業間近の1986年正月、オウムの前身「オウム神仙の会」のセミナーに参加し、そのまま入会する。卒業後は地元の食品会社就職し営業担当となるが、二度も自動車事故を起こしたことから、「魔境へ入り込んだ」と信じ込み、会社を半年で退職出家
オウム入信後
麻原に惹かれたのは、他の宗教の多くが「神の啓示を受けた」とするものが多いのに比し、麻原は自分自身で修行をし苦難を乗り越えた「どこにでもいるような人」であったからだという。最初のセミナーで、新実はその雰囲気が自分自身が求めていたものと直感する。そこでバイブレーションに浸りながら修行することで身体の浄化作用を実体験し、宿便が出たり、体調の回復を実感する。この神秘体験によって、深く麻原に帰依するに至る。当初は半信半疑であったもののその考えは180度転換する。
シャクティーパットにより、アストラル体の浮遊を感得し、体が痺れ多大な至福感を覚える。このときに「麻原に一生付いていくほかない」と確信する。このときの体感を「生死を越える」に詳しく書いている。麻原に礼を言い、道場へ行くと、突然肉体のクンダリニーが昇り、シャクティー・チャクラーが起こる。ムーラ・バンダ、ウディヤーナ・バンダが起こり、その後背中の方が盛り上がり、首のところでジャーランダラ・バンダが起こり、頭の方へすっと抜けた感じがした。これが精神集中やマントラを唱えるだけで自分自身で抑えられないほどに、すぐに起こるようになる。新実自身によれば「この霊的な変化が本当に自分の内面で起こったことをきっかけとして、やっと信に目覚めさせてもらった」らしい。
新実は前世に並々ならぬ興味を持っており、他の信者とも前世を話題にすることが多かった。麻原の4女の松本聡香(ペンネーム)を追い回しては「さとちゃんはどこから来たの」と聞いていたが、聡香が1度だけチベット密教カギュ派の僧侶の名前を思いつきで答えたところ、逮捕されたあとに面会に来た信者に伝え広めた。[1]

オウム真理教での略歴[編集]

一連のオウム真理教事件で計11件で26人の殺人に関与したとして殺人罪などに問われた。死者26人は麻原彰晃の27人に次ぐ死者数である。

当初オウム真理教男性信者殺害事件では犯行後、茫然自失に陥り、後悔の念をあげたり、坂本堤弁護士一家殺害事件の際は実行犯の中では最も動揺し、精神的に不安定になった為、中川智正端本悟とそれぞれ5日間独房に監禁され、麻原の説法を聞かされる等し、洗脳された。その後、数年間教団の自治省大臣を務め、信者の指導、監督、スパイ、拷問などを行っているうち、犯罪に対する抵抗感が薄れてきたとされる。凶悪化する一方で信者の殺害等では麻原に指示された苦痛を伴う方法を避け、殺害した者の転生を麻原に伺ったり、共犯者に対して犯行前に意志の確認を行ったり、犯行が未遂や中止などで死亡に至らなかった場合は安堵した、などと人間味も見せている。

法廷では、麻原の著書を読んだり、ヨーガのポーズをとったりするなどし、事件の正当化を主張しているなど、未だに麻原・オウムを盲目的に信仰している。これは前述の神秘体験を実体験していることによると考えられる。職業を「麻原尊師の直弟子」と言い、未だに麻原を師と仰いでいる。犯罪を正当化する一方で「我々が被害者に報いるのは真実を話すことのみ」と語り、「オウムの正史を残すため」として、事件の全貌を率直かつ正確に答えた。現在に至るまでオウムの思想を捨てることなく、「宗教的確信に基づいた殺人」、「全ては因果応報にあり、関係なく死んだのではなく何らかの原因がある」、「あとは死を待つだけ。その瞬間まで修行は続けていく」と最後まで事件の正当性を主張した。

獄中からも、信者たちへ教義の指導を続けていた。2006年7月から2007年4月までの1年間、文通をした麻原の4女松本聡香に、「責任も取れないのに、そんなことをするのはよくないのではないか」と疑問を呈される。4女との面会の際には新実は「すべてはシヴァ神の意思なのですよ」というのに4女は激しく反発したところ責めないでほしい、責めるならやり取りはやめるといい、それ以降2人の交流はなくなる。

第一審控訴審死刑判決を受け、上告したが2010年1月19日棄却2月16日に判決に対する最高裁への訂正申し立ても棄却され死刑が確定した。オウム真理教事件で死刑が確定するのは10人目[2]

2014年現在、東京拘置所収監されている。

参考書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 松本聡香『私はなぜ麻原彰晃の娘に生まれてしまったのか』(徳間書店 2010年3月)ISBN 4198627533ISBN 978-4198627539
  2. ^ オウム事件の新実被告死刑確定へ 10人目、最高裁上告棄却 47NEWS 2010年1月19日

関連事件[編集]