新加美駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新加美駅
高架下の駅舎
高架下の駅舎
しんかみ - Shin-Kami
JR長瀬 (2.7km)
(1.6km) 久宝寺
所在地 大阪市平野区加美東四丁目9-27
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
大阪外環状鉄道
所属路線   F   おおさか東線
キロ程 7.6km(放出起点)
電報略号 シミ
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,937人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 2008年平成20年)3月15日
備考 業務委託駅
1番のりばから放出方向を撮影

新加美駅(しんかみえき)は、大阪府大阪市平野区加美東四丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)おおさか東線

大阪市内にあるものの、両隣の駅が大阪市内の駅ではないため、JRの旅客営業規則における「大阪市内」の駅として扱われない[1]

おおさか東線の途中駅にはステーションカラーが導入されており、当駅のカラーは黄色である。

駅構造[編集]

相対式2面2線の高架駅で、8両編成対応。分岐器絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。急カーブ上に位置しておりカントが高く、停車する列車はカーブ内側に大きく傾く。屋根は6両分。地上に改札口があり、ホームとの間にエレベーターが2基、エスカレータは各ホーム2基ずつの4基が設置されている。「歴史と現代の共存」をデザインコンセプトとしている。

ジェイアール西日本交通サービス業務委託しており、一部時間帯は無人となる。そのため改札機・券売機・精算機付近にはインターホンがあり、無人時間帯はコールセンターのオペレーターが対応し各種機器を遠隔制御している。

みどりの窓口は設置されておらず出札窓口自体の営業もないが、みどりの券売機が設置されている。

新加美駅プラットホーム
ホーム 路線 行先
1   F   おおさか東線 放出方面
2   F   おおさか東線 久宝寺方面

利用状況[編集]

大阪市内のJR線の駅としては乗車人員が最も少ない。

大阪府統計年鑑[2]によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
2008年 1,302
2009年 1,515
2010年 1,705
2011年 1,863
2012年 1,937

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

駅から北へ約400m離れている「加美東一丁目」停留所と西へ約400m程離れている「加美」停留所がある。

加美東一丁目停留所(大阪市営バス
加美停留所(大阪市営バス・近鉄バス)

歴史[編集]

その他[編集]

  • 計画時の仮称は「加美駅」であったが、土地権利の関係で同一駅にすることができなくなり[要出典]、正式決定時に「新加美駅」とされた。また、両駅間の連絡運輸扱いも行われていない。なお、ダイヤ乱れ、長時間運転見合わせになった時は加美駅へ迂回乗車の案内がされる。
  • 当駅とJR長瀬駅との間の営業キロは2.7kmと比較的長いため、同線計画段階より、東大阪市が大阪市との境付近に新駅設置を要望していたが、平成23年3月31日にJR西日本、大阪府、大阪市、東大阪市等で新駅を設置の合意が発表され、平成30年までの開業を目指すとした[3]。その後、平成25年4月19日に平成30年春開業が発表された[4]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
  F   おおさか東線
直通快速
通過
普通
JR長瀬駅 - (正覚寺信号場) - 新加美駅 - 久宝寺駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 同様の例に「神戸市内」に対する福知山線JR宝塚線道場駅、「福岡市内」に対する筑肥線姪浜駅 - 周船寺駅がある
  2. ^ 大阪府統計年鑑 - 大阪府
  3. ^ おおさか東線JR長瀬~新加美駅間の新駅設置推進”. 東大阪市. 2013年4月19日閲覧。
  4. ^ おおさか東線 JR長瀬~新加美駅間新駅設置について (PDF)”. 大阪外環状鉄道. 2013年4月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]