新保信長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

新保 信長(しんぼ のぶなが、1964年 - )は、日本の編集者、マンガ解説者。西原理恵子の漫画『できるかな』を担当し、同作品でキャラクター化され描かれたことにより広く知られるようになった。時事問題を斜めに扱った著書も上梓している。大阪府出身。灘中学校・高等学校東京大学文学部心理学科卒業。出版社勤務を経て1991年よりフリー。

マンガ解説者としては「南信長」の名前で活動している。

順調にエリート人生を歩んだものの、その後重度の阪神タイガースファンが災いしてか、ギャグマンガの落ちに使われるようになった(西原に「東大の心理学科出身なのに、今や自身の心理状態も阪神の勝敗のみに左右されている」と揶揄されている。優勝した際には、「阪神優勝記念本」を西原に企画提案したらしい)。『できるかな』では親父キャラに書かれているが、実際はそこそこ二枚目の細面である。

妻は漫画家の松田奈緒子

著書[編集]

  • タイガースファンという生き方
  • 消えたマンガ雑誌
  • 笑う新聞
  • 少年法(やわらかめ) ※伊藤芳朗との共著
  • もっと笑う新聞
  • 笑う入試問題
  • 言い訳するな!
  • 東大生はなぜ「一応、東大です」と言うのか?
  • 国歌斉唱♪---「君が代」と世界の国歌はどう違う?
  • 現代マンガの冒険者たち ※南信長 名義
  • マンガの食卓 ※南信長 名義

外部リンク[編集]