斯波園女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

斯波 園女(しば そのめ、寛文4年(1664年) - 享保11年4月20日1726年5月21日))は江戸時代俳人伊勢国山田(現在の三重県伊勢市)出身。

経歴[編集]

伊勢国山田(三重県伊勢市)の神官の家に生まれる。同地の医師斯波一有(別号、渭川(いせん))に嫁す。元禄3年(1690年松尾芭蕉に師事、同5年(1692年)夫と大坂へ移住、同7年(1694年)9月27日、園女邸に招かれた芭蕉は「白菊の目に立てゝ見る塵もなし」と詠んでいる。同16年(1703年)夫に死別、宝永2年(1705年)、宝井其角を頼って江戸へ出、眼科医を業としながら江戸座の俳人とまじわった。大阪時代が俳人としての活躍期であり、雑俳点者としても有力であった。享保3年(1718年)剃髪し智鏡尼と号した。正徳年間、深川の富岡八幡に三十六本の桜の植樹を寄進し、『歌仙桜』の名で江戸市民に親しまれた。編著に『菊のちり』『鶴の杖』がある。

〔小学館『近世俳句俳文集』〕

著名な句[編集]

  • 夜あらしや太閤様の桜狩(俳家奇人談)
  • 衣更えわざと隣の子をだきに(柏原集)
  • みどり子を頭巾でだかん花の春(住吉物語)
  • 大根に実の入る旅の寒さかな(小弓俳諧集)

関連項目[編集]