断熱的回路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

断熱的回路は、エネルギーを保つため"可逆論理"を使用した低電力回路である。[1] スイッチング時にエネルギーを消散させる伝統的CMOSとは異なり、断熱的回路では電荷を次の2点の規則に従い保つことを目指す。

  1. ソースとドレインの間に電圧ポテンシャルがあるとき、トランジスタをオンにしない。
  2. 電流が流れているときは、そのトランジスタをオフにしない。

この分野は積極的に研究が行われているが、以上を成し遂げるためにはトランスミッションゲートや台形型クロックの実現が必須である。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "Adiabatic Logic", Benjamin Gojman August 8, 2004