斎藤真一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

斎藤 真一(さいとう しんいち、1922年7月6日 - 1994年9月18日)は、画家、作家。

年譜[編集]

  • 1922年(大正11年)7月6日 - 岡山県児島郡味野町(現・倉敷市児島味野)に、父・斎藤藤太郎(都山流尺八大師範)、母・益の長男として生まれる。
  • 1925年(大正14年)- 弟・彰男が生まれる。
  • 1929年(昭和4年) - 妹・昌子が生まれる。
  • 1935年(昭和10年)- 岡山県立天城中学校に入学する。味野から峠を越えて3里半の天城中学まで5年間、自転車で通学する。
  • 1937年(昭和12年)- 前年、陸上部に入部し、秋から県大会に出場し、しばしば入賞。この年、県下駅伝にアンカーとして出場し優勝し、天城中学の名を高める。
  • 1938年(昭和13年)- 県下駅伝の優勝でマラソンに誘われるが、絵が好きで断念する。油絵具を買ってもらい猛烈に絵に興味を抱き、天城中学より更に2里離れた大原美術館に毎日曜日に通い、グレコ、セガンチニ、コッテ に惹かれる。教師から藤田嗣治の複製画を見せられ虜になり、上野の美校(東京美術学校)に憧れる。
  • 1940年(昭和15年)- 岡山県立天城中学校を卒業し、岡山師範二部に入学する。美校に入学のため、師範2年間デッサン室にこもり親友と受験デッサンに明け暮れる。
  • 1942年(昭和17年)- 東京美術学校(現・東京芸術大学)師範科に入学する。在学中、学徒出陣で海軍に3年従軍する。
  • 1948年(昭和23年)- 東京美術学校を卒業。静岡市立第一中学校に就任する。第4回日展に「鶏小屋」が初入選する。
  • 1949年(昭和24年)- 岡山県味野中学校に転任。萩野悦子と結婚する。味野中学校を退職し、神奈川県の鵠沼に住む。
  • 1950年(昭和25年)- 岡山県立天城高等学校の非常勤講師として勤める。
  • 1951年(昭和26年)- 長男・裕重生れる。
  • 1952年(昭和27年)- 光風会第38回展に「閑窓」が入選する。
  • 1953年(昭和28年)- 静岡県立伊東高等学校に着任する。
  • 1957年(昭和32年)- 光風会第43回展に「立春の道」を出展し、プールヴ賞を受賞。
  • 1958年(昭和33年)- 船で横浜からマルセイユまで行き、パリに留学。静岡伊東岡山で個展を開いたり、弟・彰男、妹・昌子など親族の援助あり渡航の費用を捻出する。40日間かけてイタリアまで原動機付自転車で放浪する。滞欧中、藤田嗣治と親交を深める。
  • 1960年(昭和35年)- 日本に帰国。帰国の時に藤田嗣治から「日本に帰ったら秋田や東北の良さを教えられ、自分の画風で描きなさい。」と勧められる。文藝春秋画廊(東京)にて帰国後初の個展を開く。
  • 1961年(昭和36年)- 夏、津軽へ行き、ねぶた祭に感動する。津軽三味線の音色に驚き、宿の古老から瞽女のことを教えられる。
  • 1962年(昭和37年)- 瞽女に惹かれ、盲目の女性を描く。
  • 1964年(昭和39年)- 杉本キクエ瞽女に初めて訪ねる。
  • 1965年(昭和40年)- この年より、約10年間、休暇のほとんどをさいて瞽女を取材するため越後に通う。
  • 1970年(昭和45年)- 羽黒洞(東京)主催で文藝春秋画廊にて「越後瞽女日記展」を主催する。
  • 1971年(昭和46年)- 「星になった瞽女(みさお瞽女の悲しみ)で第14回安井賞佳作賞を受賞。18年間勤めた伊東高校を退職する。この年、1年間水上勉「松吟庵記」(月刊誌「小原流挿花」)の挿し絵を描く。
  • 1972年(昭和47年)- 『越後瞽女日記』(河原書房新社)、『瞽女=盲目の旅芸人』(日本放送協会)を刊行。
  • 1973年(昭和48年)- 『瞽女=盲目の旅芸人』で第21回日本エッセイストクラブ賞を受賞。『越後瞽女日記』でADC賞(美術出版社)を受賞。以後、不幸な女たちを主たる題材として、画文を多く刊行する。映画『津軽じょんがら』のための挿入絵を制作し、考証にあたる。劇団文化座による「越後瞽女日記」を考証する。
  • 1974年(昭和49年)- 羽黒洞主催で上野松坂屋(東京)にて「津軽じょんから―瞽女日記展」を開催。『津軽じょんから―瞽女日記』(大西書店)を刊行。
  • 1975年(昭和50年)- 羽黒洞主催で上野松坂屋にて「お春瞽女物語り展」を開催。私家版『お春瞽女物語りノート』(制作=大西祥司)を刊行。この1年間瀬戸内寂聴「遠い風近い風」(朝日新聞)の挿し絵を描く。
  • 1976年(昭和51年)- イタリアのシチリアウンブリアトスカーナを1ヶ月間旅行。
  • 1977年(昭和52年)- 『瞽女斎藤真一画集』(毎日新聞社)を刊行。カルド・マディニオン画廊(パリ)にて個展を開催。スイスバーゼルのクンストメッセ(国際画商見本市)に出品し、3ヶ月滞欧する。以後79年まで毎年出品。『瞽女物語』(講談社)を刊行。この年、和田芳恵著『道祖神幕』(大西書店)の挿画、装丁を手がける。
  • 1978年(昭和53年)- 『絵日記瞽女を訪ねて』(日本放送出版協会)を刊行。ドイツのアキシオム画廊(ゲルン)主催での個展開催のため渡欧する。『斎藤真一放浪記』(美術出版社)から刊行。『いないいないの国』(文―神沢利子 画―斎藤真一 童心社)を刊行。
  • 1979年(昭和54年)- 池袋西武百貨店(東京)にて「さすらい・斎藤真一展」を開催。『斎藤真一作品集 1941~1979』(不忍画廊)を刊行。スペインのラマンチャ、アンダルシアを旅行する。
  • 1980年(昭和55年)- 『さすらい―斎藤真一画集』(講談社)を刊行。イタリア、スイスを旅行する。不忍画廊にて「斎藤真一・さすらい画集原画展」を開催。
  • 1981年(昭和56年)- カナダのヴィクトリア美術館(モントリオール)に作品が収蔵される。
  • 1982年(昭和57年)- 毎日新聞社主催で阪急ナビオ美術館(大阪)ほかにて「斎藤真一の世界展」。 スペイン、アンダルシアトスカーナカタロニアランマシャを旅行する。不忍画廊にて「画廊コレクションによる斎藤真一展」を開催。
  • 1983年(昭和58年)- 『一寸昔』(青英社)を刊行。ミニアチュール銅版画集『走馬灯』(美術出版社)を刊行。『風雨雪』(青英社)を刊行。
  • 1984年(昭和59年)- 水上勉「長い橋」(日本経済新聞)の挿絵を一年間連載。
  • 1985年(昭和60年)- 『ぶっちんごまの女(母の記)』(角川書店)を刊行。『紙草紙 吉原炎上』(文藝春秋)を刊行。『明治吉原細見記』(河出書房新社)を刊行。毎日新聞紙社・西武美術館主催で西武アートフォーラム(東京)にて「斎藤真一・明治吉原細見記展」。以後阪急ナビオ美術館(毎日新聞主催)でも開催。
  • 1986年(昭和61年)- 不忍画廊にて「浪漫の女たち〈水墨淡彩掛軸シリーズ〉展」を開催。天満屋岡山店にて「明治吉原細見記展」。ポルトガルを旅行する。不忍画廊にて「浪漫の女たち〈水墨淡彩掛軸シリーズ〉展」。
  • 1987年(昭和62年)- 『斎藤真一放浪記』(美術出版社)を刊行。日本橋高島屋にて「明治の吉原とその女たち―斎藤真一展」。母の知り合いで、出身の倉敷の女性が吉原の花魁だったことから明治期吉原を描いた、『明治吉原細見記』と『絵草子吉原炎上』が五社英雄監督によって映画「吉原炎上」(東映株式会社)として上映される。
  • 1990年(平成2年)- 岡山県立美術館にて第7回洋画常設特別陳列「斎藤真一展」を開催。月刊誌『マリ・クレール』に3月号から翌年2月号まで連載された小川洋子「シュガータイム」の挿絵を描く。
  • 1991年(平成3年)- 『昭和の美術』(第6巻)(毎日新聞社)に「現代の孤独」(世田谷美術館蔵)が選ばれる。倉敷市立美術館にて「第4回郷土作家展 斎藤真一」を開催。
  • 1992年(平成4年)- ポルトガルを旅行する。不忍画廊にて「哀愁の街角ポルトガルにて斎藤真一新作小品展」を開催。
  • 1993年(平成5年)- フランス、ポルトガルを旅行する。山形県天童市に出羽桜美術館分館、斎藤真一心の美術館を開館する。斎藤真一心の美術館にて「風のうたれ雨にぬれて…斎藤真一展」を開催。
  • 1994年(平成6年)- 9月18日 膵臓癌により逝去。72歳。不忍画廊にて「斎藤真一遺作展I」
死後
  • 1995年(平成7年)- 池田二十世紀美術館(伊東)にて「斎藤真一の世界―想い出の伊東展」を開催。不忍画廊にて「斎藤真一遺作展II」。不忍画廊にて「斎藤真一〈瞽女シリーズ〉遺作展III」。
  • 1996年(平成8年)- 不忍画廊にて「斎藤真一〈女〉遺作展IV」。
  • 1997年(平成9年)- 劇団文化座により、「越後瞽女日記・瞽女さ、きてくんない」が再公演される。上越市立総合博物館にて「斎藤真一が描く、高田瞽女 越後瞽女日記展」が開催される。不忍画廊にて「斎藤真一〈放浪〉展遺作展V」。TIAF(東京インターナショナルアートフェスティバル)不忍画廊ブースにて「斎藤真一秀作展」。
  • 1998年(平成10年)- 不忍画廊にて「斎藤真一〈自画像と旅芸人〉遺作展VI」。
  • 1999年(平成11年)- 東京ステーションギャラリーにて「斎藤真一展」開催。不忍画廊にて「斎藤真一〈赫〉遺作展VII」。
  • 2000年(平成12年)- 不忍画廊にて「斎藤真一〈憂愁〉遺作展VIII」。
  • 2001年(平成13年)- 不忍画廊にて「斎藤真一〈道〉遺作展VIIII」。
  • 2002年(平成14年)- 不忍画廊にて「斎藤真一瞽女名作展〈GOZE〉 遺作展X」。
  • 2003年(平成15年)- 不忍画廊にて「斎藤真一 初期名作展 遺作展XI」。リアス・アーク美術館にて「出羽桜美術館コレクションによる斎藤真一名作展」。岡山県立美術館にて個展「斎藤真一 さすらい展―なつかしき故里をもとめて」。新津市美術館にて「越後の瞽女を描く 木下晋 斎藤真一展」。
  • 2004年(平成16年)- 不忍画廊にて「斎藤真一グラフィックワークス 遺作展XII」、滑川市博物館にて「瞽女の境涯を描く-斎藤真一展」。
  • 2005年(平成17年)- 不忍画廊にて「斎藤真一×野田雄一 師へ捧ぐGlass Works 遺作展XIII」展。

出典:不忍画廊 斎藤真一プロフィール、美術出版「斎藤真一 放浪記」私の放浪記
他、本人、家族、親戚 の談話

著書[編集]

  • 瞽女 盲目の旅芸人 日本放送出版協会, 1972
  • 越後瞽女日記 河出書房新社, 1972
  • 津軽じよんから 瞽女日記 大西書店, 1975
  • 絵日記瞽女を訪ねて 日本放送出版協会, 1978
  • 斎藤真一放浪記 美術出版社, 1978
  • 雪国 オリジナル銅版画傑作集 毎日新聞社, 1980
  • 斎藤真一さすらい画集 講談社, 1980
  • 風雨雪 青英舎, 1983
  • 一寸昔 青英舎, 1983
  • 絵草紙吉原炎上 祖母紫遊女ものがたり 文藝春秋, 1985 のち文庫
  • 明治吉原細見記 河出書房新社, 1985
  • ぶっちんごまの女 花魁だった祖母と、母の半生 角川書店, 1985
  • 斎藤真一淡彩画集哀歌 美術出版社, 1989
  • 斎藤真一の世界 想い出の伊東 池田20世紀美術館, 1995

図録・関連書籍[編集]

  • 斎藤真一展 失われし心への旅 東日本鉄道文化財団, 1999

外部リンク[編集]

関連項目[編集]