斎王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
斎王まつりの斎王役

斎王(さいおう)または斎皇女(いつきのみこ)は、伊勢神宮または賀茂神社巫女として奉仕した未婚の内親王または女王親王の娘)[1][2]。厳密には内親王なら「斎内親王」[3]、女王の場合は「斎王」「斎女王」と称したが、一般に両者をまとめて斎王と呼ぶ。

伊勢神宮の斎王を斎宮、賀茂神社の斎王を斎院とも称し、斎宮は古代(天武朝)から南北朝時代まで、斎院は平安時代から鎌倉時代まで継続した[1]。伊勢では幕末に、津藩主藤堂高猷が再興を主張したが、成らなかった[4]

伊勢神宮の斎王の詳細については斎宮を参照
賀茂神社の斎王の詳細については斎院を参照

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 女官通解
  2. ^ デジタル大辞泉三省堂
  3. ^ 『日本大百科全書』小学館
  4. ^ 国史大辞典吉川弘文館

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]