斎尾廃寺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウオッちず Google Map 斎尾廃寺跡

斎尾廃寺跡(さいのおはいじあと)は、鳥取県東伯郡琴浦町にある飛鳥時代後期から奈良時代の寺院跡。

東に金堂、西に塔が建つ、法隆寺伽藍配置の寺院跡である。寺域は東西160メートル・南北250メートル、面積約4万平方メートルに及ぶ大規模なもの。1952年昭和27年)3月29日に国の特別史跡に指定された。金堂と塔については土壇と礎石が残り、講堂の礎石と中門の土壇も遺存している。

遺構の残存状況が良好であることなどから、山陰地方で唯一の特別史跡となっている。遺跡からは土器類が多数出土しており、「まなびタウンとうはく」に寺院の再現模型や出土品の一部が展示されている。軒丸瓦は紀寺跡、軒平瓦は法隆寺の瓦と文様が共通している。

全景

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度28分53.4秒 東経133度42分41.4秒 / 北緯35.481500度 東経133.711500度 / 35.481500; 133.711500