斉藤明雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
斉藤 明雄
千葉ロッテマリーンズ コーチ #85
2013chibalotte saitoakio.jpg
2013年4月28日QVCマリンフィールド
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府京都市伏見区
生年月日 1955年2月23日(59歳)
身長
体重
184 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1976年 ドラフト1位
初出場 1977年5月8日
最終出場 1993年10月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

斉藤 明雄(さいとう あきお、1955年2月23日 - )は、京都府京都市伏見区出身の元プロ野球選手投手)、野球指導者、野球解説者。1982年から2009年までは斉藤 明夫、2010年からは齊藤 明雄(ともに読み同じ)で活動。現在は千葉ロッテマリーンズの2軍投手コーチを務める。

大洋・横浜大洋・横浜すべての時代で公式戦出場した唯一の選手である。ストレートとスローカーブを武器に活躍。

経歴[編集]

花園高等学校では1972年中堅手、六番打者として春の選抜に出場するが、初戦で専大北上に完封負け[1]。同年夏の甲子園府予選ではエースとなり、3試合連続完封を記録する。しかし準々決勝で西京商中井康之投手と投げ合い、延長16回の熱戦の末に4-6で敗退、甲子園出場を逸する。

卒業後は大阪商業大学に進学。旧関西六大学リーグでは1975年春季リーグでチームの初優勝に貢献。同年の全日本大学野球選手権大会でも決勝に進出するが、森繁和投手、中畑清三塁手らのいた駒大に延長14回0-1で敗退、準優勝にとどまった。翌1976年春季リーグで2度目の優勝。しかし同年の全日本大学野球選手権大会でも、決勝で遠藤一彦、吉田恭之(松下電器)両投手を擁する東海大に敗れ、日本一には届かなかった。1975年1976年日米大学野球選手権大会に日本代表として選出されている。リーグ通算71試合に登板し30勝17敗、防御率1.70、324奪三振の成績を残した。最優秀選手に当たる関西運動記者クラブ賞を2度、ベストナインを2度受賞。大学同期に田中昌宏一塁手がいる。1976年秋のドラフトで大洋ホエールズから1位指名を受け入団。球団は斉藤への期待を込め、秋山登山下律夫らがつけたエースナンバーの17を与えた。

1977年は、新人ながら開幕から一軍に登録。8月30日の対巨人戦で、王貞治の本塁打世界タイ記録(755本)達成を阻止したうえプロ初完封、一躍脚光を浴びる。この年は8勝9敗で、梶間健一西本聖を押し退けて新人王を獲得。翌1978年は、新築された横浜スタジアムの開場戦に先発。見事に完投勝利し、同球場の公式戦勝利投手第1号となる。この頃からトレードマークの口ひげを生やすようになり、コワモテの風貌もあって大洋ファンのみならず他球団のファンからも「ヒゲの斉藤」と呼ばれた。

1981年には遠藤一彦と入れ替わりで抑え投手に転向。5勝15敗10セーブを挙げる。1982年に登録名を「明雄」から「明夫」に改名。当時の日本記録である8連続セーブとシーズン30セーブを達成、リーグ最多セーブを記録する。更に規定投球回に達し最優秀防御率のタイトルも獲得。1983年には10勝8敗22セーブで最優秀救援投手のタイトルを獲得し、1986年には2度目の最優秀救援投手となる。

しかし、1988年の開幕直後に右膝半月板を損傷し、先発投手に再転向。7月3日の対中日戦で、右投手では史上初、左右あわせても史上3人目の通算100勝100セーブを達成する。1993年には投手兼任コーチに就任するも持病の右膝痛が悪化し(主治医には「60歳代の膝と同じ状態」と言われた)、現役引退を表明。10月20日の対ヤクルト戦で通算600試合登板を果たし、2日後の10月22日の対広島戦で現役最終登板。

2013年5月12日、QVCマリンフィールドにて

引退後は1994年から1995年までフジテレビの解説者、1996年から1999年まで横浜一軍投手コーチ、2000年から2006年フジテレビ及びニッポン放送裏送り中心)解説者。大矢明彦の監督就任に伴い2007年より横浜一軍投手チーフコーチに復帰するが、2008年は投手陣が崩壊しセ・リーグ唯一のチーム防御率4点台の4.74(12球団最低でもあった)と低迷し、そのため一時期二軍投手コーチの吉田篤史が一軍に帯同した時期もあった。投手陣の低迷がダントツの最下位の要因となったため2008年限りで解任となった。2009年からは再びフジテレビ、tvkJ SPORTS、ニッポン放送(2009年のみ、裏送り担当)の解説者。2013年からは千葉ロッテマリーンズ一軍投手コーチを務める[2]。9月3日から9月9日まで体調不良で休養[3]。9月10日からブルペンコーチで復活した。同年はチーム防御率リーグ最下位に終わり2014年からは2軍投手コーチになった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1977 大洋
横浜
38 20 3 1 0 8 9 0 -- .471 624 141.1 156 17 61 5 3 87 0 0 87 69 4.39 1.54
1978 47 26 12 2 3 16 15 4 -- .516 1001 241.0 234 24 67 9 6 162 0 0 90 84 3.14 1.25
1979 37 27 10 2 1 11 6 0 -- .647 826 196.1 198 25 56 5 3 138 1 1 94 88 4.03 1.29
1980 35 33 17 1 2 14 17 1 -- .452 1024 247.1 245 24 72 5 3 165 1 4 111 104 3.78 1.28
1981 47 19 3 0 0 5 15 10 -- .250 743 169.1 195 18 61 9 4 100 0 1 92 81 4.31 1.51
1982 56 1 0 0 0 5 6 30 -- .455 542 134.2 109 12 35 10 1 80 0 0 36 31 2.07 1.07
1983 54 0 0 0 0 10 8 22 -- .556 496 116.0 113 14 45 14 2 67 3 1 52 46 3.57 1.36
1984 43 2 1 1 0 11 6 10 -- .647 419 94.0 115 10 31 12 2 53 1 0 54 51 4.88 1.55
1985 55 0 0 0 0 9 5 18 -- .643 444 109.2 93 9 22 4 0 72 2 0 40 26 2.13 1.05
1986 44 0 0 0 0 5 6 23 -- .455 301 78.0 62 10 13 4 0 49 0 0 18 16 1.85 0.96
1987 39 0 0 0 0 4 1 15 -- .800 279 70.2 57 6 16 2 0 36 4 0 19 17 2.17 1.03
1988 24 17 2 0 1 5 4 0 -- .556 439 105.2 114 4 27 4 2 38 0 2 45 41 3.49 1.33
1989 18 18 5 2 1 8 6 0 -- .571 496 117.1 127 12 34 7 2 49 1 0 44 42 3.22 1.37
1990 24 22 6 1 2 10 7 0 -- .588 615 150.1 144 15 39 3 2 98 0 0 71 68 4.07 1.22
1991 17 16 1 1 0 4 6 0 -- .400 419 99.2 103 10 28 2 0 57 1 0 45 40 3.61 1.31
1992 17 15 4 0 2 3 8 0 -- .273 368 91.1 92 12 11 1 4 66 0 0 42 37 3.65 1.13
1993 6 2 0 0 0 0 0 0 -- ---- 55 10.2 20 3 1 0 2 4 0 0 13 9 7.59 1.97
通算:17年 601 218 64 11 12 128 125 133 -- .506 9091 2173.1 2177 255 619 96 36 1321 14 9 953 850 3.52 1.29
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 大洋(横浜大洋ホエールズ)は、1993年に横浜(横浜ベイスターズ)に球団名を変更

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000投球回数:1982年4月3日、対阪神タイガース1回戦(横浜スタジアム)、5回表2死目に達成
  • 100セーブ: 1986年5月1日、対広島東洋カープ5回戦(広島市民球場) ※史上3人目
  • 1500投球回数:1986年8月3日、対ヤクルトスワローズ18回戦(横浜スタジアム)、8回表3死目に達成
  • 1000奪三振:1987年8月22日、対広島東洋カープ17回戦(横浜スタジアム)、8回表にリック・ランスから ※史上72人目
  • 500試合登板:1988年6月7日、対中日ドラゴンズ8回戦(ナゴヤ球場)、5回裏に6番手で救援登板、2回無失点
  • 100勝:1988年7月3日、対中日ドラゴンズ12回戦(横浜スタジアム)、先発登板で5回3失点 ※史上96人目
  • 2000投球回数:1991年5月30日、対中日ドラゴンズ8回戦(浜松球場)、2回裏1死目に達成 ※史上70人目
  • 600試合登板:1993年10月20日、対中日ドラゴンズ26回戦(横浜スタジアム)、9回表に3番手で救援登板、1/3回3失点
その他の記録

背番号[編集]

  • 17 (1977年 - 1993年)
  • 77 (1996年 - 1999年、2007年 - 2008年)
  • 85 (2013年 - )

登録名[編集]

  • 斉藤 明雄 (さいとう あきお、1977年 - 1981年)
  • 斉藤 明夫 (さいとう あきお、1982年 - 2009年)
  • 齊藤 明雄 (さいとう あきお、2010年 - )

関連情報[編集]

出演番組[編集]

過去

CM出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 専大北上のエースは畠山和洋の実父である。
  2. ^ 齊藤明雄氏 一軍投手コーチ就任のお知らせロッテ球団公式サイト 2012年10月30日閲覧
  3. ^ 【ロッテ】斉藤コーチ、西武3連戦も静養日刊スポーツ 2013年9月6日閲覧
  4. ^ 1982年のオールスターゲームで斉藤は7回から登板し延長11回まで5イニングを投げた。これはオールスターゲームにおける連続投球回数の日本記録であるが、現在のオールスターゲームのルールでは延長戦なし1投手3イニングまでの投球のため、現行のルールである限りこの記録は破られることはない。
  5. ^ 過去に横浜戦を放送していた時期は横浜戦を担当していた。その当時もフジテレビの解説者であったが、TBSのアナウンサーとのコンビで担当することもあった(当時のJ SPORTSの横浜戦中継はtvkの同時放送かTBS制作のどちらかだったため)

関連項目[編集]