文鎮 (電子機器)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

文鎮(ぶんちん)は、スマートフォンタブレットなどのデジタル機器において、動作・応答せず、修復も難しい状態を表す俗語。この状態になることを文鎮化という。英語では"brick(煉瓦)"という。

概要[編集]

文鎮の語源は、再起動などを試みても反応しないような状態のためにせいぜい「文鎮」としてしか役立たないような状況を比喩することから来ている。

デバイスの起動画面から先に進まない、起動させようとしても反応しないといったような状態が文鎮状態である。症状が一時的ではなく、修復は容易でないか不可能な場合もあることから、フリーズとは区別される。

文鎮化は、概してファームウェアのアップデートを行う際に電源が切れたり、非正規の改造(Jailbreakroot化など)を行う際に手順を間違えるなど、システムの基本部分に手を加えるような作業中に発生することが多い。

また、iPhoneのようにOSのアップデート後にアクティベーションを必要とする端末では、通信キャリアとの契約を解除した後にOSをアップデートすると、SIMカードが無効のためにアクティベーションができず、アクティベーション画面から先へ進めなくなる。この場合は端末の対応している有効なSIMカードをセットすることで容易に回復可能であるが、有効なSIMを既に失っている端末所有者にとっては文鎮である。

文鎮化からの回復[編集]

不揮発性メモリの内容が誤っていることにより文鎮化したデバイスはメモリを直接アクセスできる外付けハードウェア(デバッグボード)を使って回復(unbricked)することができる[1]。これは、メモリが空である新しいデバイスにファームウェアをロードするための手順と同様である。

セキュリティ対策としての意図的な文鎮化[編集]

携帯電話は固定の識別コードIMEIを持っており、盗難届がでた電話機は網からブロック(事実上の文鎮化)されるが、技術があるものにかかればIMEIは変更することができる。2011年に米国の上院議員は、盗難届が出された電話を「文鎮化」させることを提案した[2]。地元の警察署長は同意し[3]2012年4月、FCCはそのサービスが2012年後半に利用可能になると発表した[4]

参考文献[編集]

  1. ^ Neo1973 Debug Board v2/Unbricking - Openmoko
  2. ^ Finance Tech News Senator wants stolen cellphones "bricked"
  3. ^ WJLA-TV News Police Department seeks new FCC Rule
  4. ^ Carriers to allow Customers to Brick Stolen Phones by Shani Hilton, Apr. 10, 2012, Washington City Paper