文車妖妃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕百器徒然袋』より「文車妖妃」

文車妖妃(ふぐるまようび)は、鳥山石燕の妖怪画集『百器徒然袋』にある日本妖怪

概要[編集]

文車(ふぐるま)とは、内裏や寺などで本を運ぶための箱車で、失火などの非常時に備えるもの[1]。これが付喪神になったものが文車妖妃である。

江戸時代の怪談集『諸国百物語』には、ある寺の稚児が恋文を受け取り、それを捨てていたところ、恋文に込められた執念が鬼と化して人を襲ったという話があるが、同様に手紙の執念が妖怪化したものが文車妖妃ともいう[2]

『百器徒然袋』には、壊れた文車から子鬼が出て来たり、それを持っていて恨んでいる顔をした女性として描かれている。

また、石燕は『百器徒然袋』の妖怪の題材の多くに『徒然草』などの文章を使用しているが、『徒然草』第72段に「多くて見苦しからぬは、文車の文、塵塚の塵」という一文があり、この「文車の文」から文車妖妃、「塵塚の塵」から塵塚怪王が創作されたとの説もある[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高田衛監修 稲田篤信・田中直日編 『鳥山石燕 画図百鬼夜行』 国書刊行会1992年、266頁。ISBN 978-4-336-03386-4
  2. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、294頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  3. ^ 香川雅信 『江戸の妖怪革命』 河出書房新社2005年、177頁。ISBN 978-4-309-22433-6

関連項目[編集]