文法化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

文法化(ぶんぽうか)は内容語現代日本語文法では自立語中国語文法では実詞)が機能語付属語虚詞)に変わることをいう。語義・語形・語音によって「意味の漂白」(semantic bleaching)、「脱範疇化」(decategorization)、「縮約」(contraction)の三つの要素に分類されることが多い。また文法化は一定の傾向をもつという説(一方向性仮説)が唱えられている。

  • 意味の漂白:語義が抽象化する
  • 脱範疇化:語形変化がなくなる
  • 縮約:語音が短くなる

[編集]

英語の例[編集]

  • There:「そこに」という意味を失って存在文の文頭マーカーとなった。虚辞の一例。
  • be going to ~:「行く」という意味を失い、未来時制を表す。口語では"gonna ~"と縮約される。

日本語の例[編集]

  • 助動詞:「なり」 < 助詞 + 動詞「に・あり」、「ぬ」 < 動詞「ぬ」、「つ」 < 動詞「つ」、「た」 < 助動詞「たり」 < 助詞 + 動詞「て・あり」、「ます」 < 動詞+助動詞「参ら・す」、「みたいだ」 < 動詞 + 助動詞「見た・様だ」、「ちゃう」 < 助詞+動詞「て・しまう」など多数ある。
  • 助詞:「くらい」、「ほど」、「だけ」、「ばかり」(名詞から)、「を・もって」、「に・おいて」(助詞 + 動詞から)
  • 接頭辞:「」 < 「おん」 < 「大御おほみ
  • 終助詞:「かしら」<助詞+動詞+助動詞「か・知ら・ん」

中国語の例[編集]

  • 方向補語:動詞の後ろにつける「来」「去」「起」など
  • 介詞(動詞に由来する前置詞)

ロマンス語の例[編集]

  • 副詞を作る接辞の -mente(<「心から」の意味)
  • 不定詞 + habere (持つ) に由来する未来形(これは動詞の未来語尾として完全に融合し、のちに再度「持つ」が完了形を表す助動詞として加わった)
  • 冠詞(<「その」)