文殊院 (松山市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
文殊院
Daihozan Monjuin 01.JPG
境内
所在地 愛媛県松山市恵原町308
位置 北緯33度45分52.2秒東経132度48分38.4秒座標: 北緯33度45分52.2秒 東経132度48分38.4秒
山号 大法山
宗派 真言宗醍醐派
本尊 地蔵菩薩文殊菩薩弘法大師
創建年 (伝)天長元年(824年
開基 (伝)空海(弘法大師)
正式名 大法山 文殊院 徳盛寺
札所等 四国八十八箇所番外
四国別格二十霊場9番
伊予巡錫二十一霊場15番
伊予七福神(毘沙門天)
文化財 八塚(市史跡)
テンプレートを表示

文殊院(もんじゅいん)は愛媛県松山市に所在する真言宗醍醐派の寺院。山号は大法山。詳しくは、大法山 文殊院 徳盛寺(だいほうざん もんじゅいん とくじょうじ)と号する。本尊は地蔵菩薩文殊菩薩弘法大師

四国八十八箇所霊場番外札所、四国別格二十霊場第九番札所、伊予巡錫二十一霊場第十五番札所、伊予七福神毘沙門天

御詠歌:われ人を すくわんための 先だつに みちびきたまう 衛門三郎

概要[編集]

四国遍路の元祖と言われる衛門三郎の邸宅があったと伝えられる地に建つ。

伝承によれば、徳盛寺と呼ばれていたが、平安時代初期の天長元年(824年)に空海(弘法大師)が文殊菩薩に導かれてこの地に逗留し文殊院と改めたと言われている。

四国八十八箇所第四十七番札所八坂寺の近郊にあり第四十八番札所西林寺へ向かう途中にある。また、衛門三郎の遺跡ということもあり、ここに立ち寄る遍路の姿もしばしば見られる。

文化財[編集]

松山市指定記念物(史跡)
  • 八ツ塚群集古墳
文殊院の北西、愛媛県生涯学習センター近郊にある、8基の古墳群。衛門三郎の8人の子供たちの墓であるとの伝説があり文殊院所有の境外地となっている。それぞれの古墳上には小祠が置かれ石地蔵が祀られている。古墳時代末期の円墳と方墳と推定されるが開発等により変形している。昭和43年(1968年10月25日指定。

境内[編集]

  • 本堂:中央に秘仏の文殊菩薩が、両脇仏として二体の地蔵菩薩坐像が祀られ、さらに両脇陣に仏像が祀られているがその仏名は不明である。
  • 大師堂:大師像は秘仏
  • 毘沙門堂:本堂と大師堂の間にあり、元旦に毘沙門天像の開帳がある。
  • 本坊

境外[編集]

  • 八塚:寺の背後の田園の中にあり。
  • 八窪:寺から遠く山頂近く、八つの窪みがあり、その一つから大師お加持水が湧いている。西山興隆寺を開創した空鉢上人が、八窪のあるこの地に寺を発祥し、その後、衛門三郎の時代に現在地に移転されたと云われている。
  • 行者堂:役の行者(神変大菩薩)が中央に祀られ、遙遠く石鎚山ロープーウエイ山麓駅への参道に堂がある。元は石鎚山への登山道である黒川道にあり女人堂であった。お山開き期間(7月1日~10日)だけ開扉されている。

画像[編集]

前後の札所[編集]

四国別格二十霊場
8 十夜ヶ橋 --(国道56号経由 51.4km)-- 9 文殊院 --(国道11号・県道48号経由 39.7km)-- 10 西山興隆寺

参考文献[編集]

  • 宮崎建樹 著 『四国遍路ひとり歩き同行二人』解説編 へんろみち保存協力会/刊 2007年(第7版)
  • 愛媛県高等学校教育研究会社会科部会/編 『新版 愛媛県の歴史散歩』 山川出版社/刊 1991年 127ページ
  • 現地説明板