敵国人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

における敵国人: enemy alien)とは互いに紛争状態にある市民外国人(alien[注釈 1])、居留民(alien residents)のことを指す。常にそうとは限らないが、通常紛争当事国は宣戦布告ののち、戦争状態にあることが多い。

ドイツ[編集]

Ilag英語版“(イラーグ)とはドイツ語: Internierungslager(収容所)の略語である。連合国戦争捕虜を収容するため降伏後のフランスドイツに建設された。

イギリス[編集]

1939年第二次世界大戦が勃発すると、イギリスユダヤ人政治的難民を初めとしてナチの迫害を逃れた人々の避難先となった。当局ははじめ区別なく敵国住民と共にこれら難民を収容したが、イタリアが宣戦布告した後になって、かなりのイタリア人住民も収容された。

ブリテン島からは比較的離れており、保養地としても利用されるマン島は「外国市民」("Alien Civilians")向けの居住地を提供するのに使用された(第一次世界大戦期から既に使用されていた)。ブリテン島から多くの被収容者を移動させる努力が払われた。1940年7月、北米へ向けてイタリア人とドイツ人を輸送中のアランドラ・スター号英語版雷撃さ れ沈没した。743名が死亡し、この中には政治犯、乗組員、護送兵が含まれる。その後、生き残った813名の政治犯を輸送船デュネラ(HMT Dunera英語版に移し変えたのち総勢2,500名をオーストラリアニューサウスウェールズ州ヘイ英語版の収容所に輸送した。

アメリカ合衆国[編集]

敵国人のよく知られた例はアメリカ合衆国に居住していた在米日本人市民や日系人を連邦政府が第二次世界大戦太平洋戦争)中に抑留したケースである。多くのイタリア系アメリカ人とともに、これら日本人、日系アメリカ人の多くは戦時中大統領ルーズベルトにより強制収容所に収監された。しかしながら、注意すべき重要なこととして、これら日系・イタリア系アメリカ人の中には合衆国の市民権を得ている者もおり、その場合は実際には「外国人」ではなく、合衆国市民権を持たない者のみ「敵国人」と正しく呼称され収容されるべきであった。しかしながら、ドイツ系、イタリア系、日系アメリカ人の永住外国人は第二次世界大戦中に収容所に送り込まれた。全部で10,905名のイタリア系アメリカ人、11,229名の日系アメリカ人がアメリカ全土のそれぞれ別の収容所に収監された。ドイツ系アメリカ人は50箇所以上の収容所に収容された。

第二次世界大戦期に米国内に設置されたドイツ系アメリカ人の収容所

第二次世界大戦期に米国に住む敵国市民は敵国市民証("Enemy Alien card")を強制的に交付され、それを当局へ月次で登録するよう義務付けられた。カナダメキシコにも同様の法規制が存在した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 21世紀に入ってからこの呼称は侮蔑的であるとして"nonnational"(我が国の国民でない人)と改められている場合もある。一方USCIS英語版では移民に関する用語として現在も使用されている。Immigration Terms and Definitions Involving Aliens. 外国人#英訳も参照。

出典[編集]

関連項目[編集]