散居村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高台から望む砺波平野の散居村
カイニョに囲まれた散居村の家々
アズマダチの伝統家屋

散居村(さんきょそん)は、広大な耕地の中に民家孤立荘宅)が散らばって点在する集落形態。正しくは散村(さんそん)という。散居村は富山県内だけで通用する俗語である[要出典]集村と対比して語られることが多く、一般には集村が普遍的で散村は比較的少ないと考えられているが[1]、実際には世界的に広く見られる集落形態である。

日本においては島根県斐川平野香川県讃岐平野静岡県大井川扇状地長崎県壱岐島北海道十勝平野岩手県胆沢川扇状地富山県砺波平野黒部川扇状地などがその典型例である。なかでも日本国内最大とされる砺波平野では現在、およそ220平方キロメートルに7,000戸程度が散らばっている[2]

世界ではイギリスの大半、フランス西部からライン川下流域、イタリアポー川流域、スカンジナビア半島バルカン半島北西部、エジプト台湾北部、中国・東北区の北部などで民族にかかわりなく認められる[1][3]

成立の要因[編集]

自然条件、あるいは土地所有や相続制度など民族的伝統によって古くから成立したものもあるが、近代の開拓地で形成されたものが多い。国内では北海道の屯田兵村やいくつかの局地的なものを除くと、それらの起源は必ずしも明らかではない。砺波平野の散村は中世まで遡りうるが、一般的には治安が安定し、為政者にとっても農民にとっても生産性向上への関心が高まる近世期以降に形成または拡大したと考えられる。

砺波平野の散居村[編集]

この景観が成立したのは、16世紀末から17世紀にかけてであると考えられている。砺波平野を流れる庄川江戸時代以前にはしばしば氾濫したため、この地域に住みついた人々は平野の中でも若干周囲より高い部分を選んで家屋を建て、周囲を水田とした[4]。このような住居と水田の配置は農業者にとっては便利であったため、前田家による田地割政策下でもこの地域の農民たちは引地、替田を行って自宅周辺に耕作地を集めようとした[5]

家屋が1か所に集まって集落を形成するということが無かったため、冬にはそれぞれの家屋が厳しい風雪に直接晒されることとなり、家屋の周囲にカイニョと呼ばれる屋敷森を形成してこれに対処するようになった[6]

なお、この地域の伝統的な家屋には「アズマダチ」や「マエナガレ」がある。研究者として始めに注目したのは、京都帝国大学小川琢治である。

用語の混在[編集]

家々が点在する集落形態を一般的には「散村」という。地理学の分野や社会科の教科書などでは「散村」の用語が使われ、国内で広く浸透している。一方、砺波平野が所在する富山県内では「散居村」の用語が定着している。富山県内において散村という用語は、教育現場や地理学界以外ではほとんど目にすることがなく、散村が山村と同音で混同するといった理由などで行政やマスコミでは「散居村」が使われ、一般化している。それぞれの用語の歴史について見てみると、「散村」は明治42年(1909)に京都帝国大学の小川琢治教授が調査したのがはじまりである。「散居村」という用語について確認できる最も古い資料は1952年のアサヒグラフの「散居村 ―富山県砺波平野にて―」というグラビアページである。この頃すでに「散居村」を使用していたことを示す資料ではあるが、「散居村」という用語が富山県内に広く普及していくのは昭和50年代後半以降である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 木内ほか、1967、143ページ
  2. ^ 砺波市ウェブサイト
  3. ^ 「民族にかかわりなく」とあるのは、ドイツスラブ系住民の集落に多い「円村」など、民族性を反映した集落もあることに起因する。
  4. ^ あずまだち高瀬(南砺市ウェブサイト)
  5. ^ 砺波市ウェブサイト
  6. ^ [1][リンク切れ]

参考文献[編集]

  • 小川琢治「越中国西部の荘宅Homesteadsについて」『地学雑誌』、1914年
  • 柳田國男「散居制村落の研究」『郷土研究』3巻2号、1915年
  • 牧野信之助「旧加賀藩の散居村落制について」『地学雑誌』1915年
  • 小川琢治「人文地理学上より観たる日本の村落」『地球』5巻4号、1926年
  • 藤田元春「越中カイニヨ式住宅」『日本民家史』、昭和2年
  • 小川琢治「居住地理学の問題としての日本住宅」『地球』9巻1・2号、1928年
  • 牧野信之助『武家時代社会の研究』、1928年
  • 石井逸太郎「居住地理学上より見たる越中平野」『地理学評論』6巻7号、1930年
  • 村田貞蔵「散村の分散度を知る一方法」『地理学評論』6巻12号、1930年
  • 東木龍七「庄川扇状地面」『地誌学』、1931年
  • 松井勇「砺波平野の一部に於ける散村の分布状態に関する統計的一考察」『地理学評論』7巻6号、1931年
  • 牧野信之助「散居並に環濠部落について」『歴史と地理』27巻1〜3号、1931年
  • 村松繁樹「砺波平野に於ける散居村落に就いて」『歴史と地理』28巻4号、1931年
  • 木内信蔵・藤岡謙二郎・矢嶋仁吉『集落地理学講座 第1巻 総論』朝倉書店、1957年9月30日、p. 419
  • 石井英也「散村 dispersed settlement」『人文地理学辞典』朝倉書店、1997年10月、p. 178

関連項目[編集]

外部リンク[編集]