教育学院ピン音方案

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「教育学院拼音方案」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

教育学院拼音方案(きょういくがくいんぴんいんほうあん)または『常用字広州話読音表』拼音方案(じょうようじこうしゅうわどくおんひょうぴんいんほうあん)とは、中国語粵語広東語)をラテン文字によって表記する方法の一つ。略称として教院式(きょういんしき)とも呼ばれる。香港の教育機関において広く使われているピンイン

歴史[編集]

教院式は1971年、余秉昭が『同音字彙』に使用したピンインであり、当時は声調を直接「上平」「上上」「上去」「下平」「下上」「下去」「上入」「中入」「下入」(現在の「陰平」「陰上」「陰去」「陽平」「陽上」「陽去」「陰入」「中入」「陽入」)といった文字で表記していた。1990年、香港教育署語文教育学院中文系(後に香港教育学院の編入)が出版した『常用字広州話読音表』において声調の文字を「1」「2」「3」などの数字で表した。これによって教院式方案は香港の教育界における標準となり、初等教育において広く使われるようになった。また2000年には詹伯慧が『広州話正音字典』において教院式を沿用して方案の「長a音」を「aa」と固定して表記させている。その他、2003年の潘慧如等主編の『小学中文科常用字研究報告」や『小学中文科常用字表』などにより、広く教育界において採用されている。

声母[編集]

19の声母がある。

b
[p]
p
[pʰ]
m
[m]
f
[f]
d
[t]
t
[tʰ]
n
[n]
l
[l]
g
[k]
k
[kʰ]
ng
[ŋ]
h
[h]
gw
[kʰ]
kw
[kʷʰ]
w
[w]
dz
[ts]
ts
[tsʰ]
s
[s]
j
[j]

韻母[編集]

56の韻母がある(うち2韻は鼻音独立韻)。

ø -i -u -y -m -n -ng -p -t -k
aa aa
[aː]
aai
[aːi]
aau
[aːu]
  aam
[aːm]
aan
[aːn]
aang
[aːŋ]
aap
[aːp]
aat
[aːt]
aak
[aːk]
a   ai
[ɐi]
au
[ɐu]
  am
[ɐm]
an
[ɐn]
ang
[ɐŋ]
ap
[ɐp]
at
[ɐt]
ak
[ɐk]
e e
[ɛː]
ei
[ei]
eu
[ɛːu]
  em
[ɛːm]
  eng
[ɛːŋ]
ep
[ɛːp]
  ek
[ɛːk]
i i
[iː]
  iu
[iːu]
  im
[iːm]
in
[iːn]
ing
[ɪŋ]
ip
[iːp]
it
[iːt]
ik
[ɪk]
o o
[ɔː]
oi
[ɔːi]
ou
[ou]
    on
[ɔːn]
ong
[ɔːŋ]
  ot
[ɔːt]
ok
[ɔːk]
u u
[uː]
ui
[uːi]
      un
[uːn]
ung
[ʊŋ]
  ut
[uːt]
uk
[ʊk]
oe oe
[œː]
    oey
[ɵy]
oen
[ɵn]
  oeng
[œːŋ]
  oet
[ɵt]
oek
[œːk]
y y
[yː]
        yn
[yːn]
    yt
[yːt]
 
        m
[m̩]
  ng
[ŋ̍]
     
  • mng は単独で音節を構成する鼻音独立韻「唔」(m)「」「五」(ng)にのみ使われる。

声調[編集]

広東語には九声があるが、入声が3声を占めるので音の高さとしては実質6つであり、1から9までの数字を使うが1、3、6が使われることもある。

陰平 陰上 陰去 陽平 陽上 陽去 陰入(上陰入) 中入(下陰入) 陽入
番号 第1声 第2声 第3声 第4声 第5声 第6声 第7声 第8声 第9声
表記 1 2 3 4 5 6 7(1) 8(3) 9(6)
声調値 55 / 53 35 33 21 / 11 13 22 5 3 2
例字
fan1 fan2 fan3 fan4 fan5 fan6 fat7(fat1) faat8(faat3) fat9(fat6)

外部リンク[編集]