攻玉社工科短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
攻玉社工科短期大学
大学設置 1950年
創立 1880年
学校種別 私立
設置者 学校法人攻玉社学園
本部所在地 東京都品川区西五反田5-14-2
学部 環境建設学科
ウェブサイト 攻玉社工科短期大学公式サイト
テンプレートを表示

攻玉社工科短期大学(こうぎょくしゃこうかたんきだいがく、英語: Kogyokusha College of Technology)は、東京都品川区西五反田5-14-2に本部を置いていた日本私立大学である。1950年に設置された。大学の略称は攻短。学生募集は2005年度まで[1]2008年12月19日廃校[1]

概要[編集]

大学全体[編集]

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 攻玉社工科短期大学における建学の精神は「他山の石以って玉を攻(みが)くべし」となっていた。これは、創始者である近藤真琴が詩経から引用した言葉をそのまま当てはめたものである[2]

教育および研究[編集]

  • 攻玉社工科短期大学は、旧来の陸軍測量習練所における伝統を継承していることから土木をベースとした専門教育が行われていた。

学風および特色[編集]

  • 攻玉社工科短期大学は、旧来の陸軍測量習練所を含め開学以来、勤労者の傍らで学業に勤しむ人に教育を行うことのねらいから、夜間部が設置されていた。そのため、年配者も少なからず存在していた。
  • 21世紀の初頭では、首都圏における土木系の学科で夜間部を有する唯一の短大となっていた。
  • 土木・建設業界で活躍する人材を数多く輩出しているところに特色がある。
  • セメスター制度が導入されていた。
  • 学生募集が終末期になった頃、秋期入学(10月)制度も導入されていた。

沿革[編集]

  • 1880年 近藤真琴が陸軍測量習練所を設置する。
  • 1950年 攻玉社短期大学(こうぎょくしゃたんきだいがく)として開学。土木科Ⅱ部を置く。
  • 1988年 土木工学科に改組。
  • 1990年 攻玉社工科短期大学に学名改称。
  • 1999年 環境建設学科に改組。
  • 2005年度をもって学生募集を終了。
  • 2008年12月19日廃校[1]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 東京都品川区西五反田5-14-2

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

附属機関[編集]

  • 生涯学習センター

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

大学関係者一覧[編集]

攻玉社工科短期大学には「玉工同窓会」と称した同窓会組織がある。

歴代学長[編集]

経済界[編集]

研究[編集]

芸能[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 交通アクセス:東急目黒線不動前駅に程近い場所に設置されていた。
  • 設備:キャンパス敷地面積は専門学校なみに狭隘だった。校舎内には、図書館・学生食堂・大教室・温水プール・演習室・製図室などがあった[2]

対外関係[編集]

系列校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』264頁
  2. ^ a b c d e 1999年度用入学案内冊子より
  3. ^ 直接の交流はなく、同一学校法人の運営ながら全く別の学校のようになっていた。
  4. ^ 『短大螢雪5月臨時増刊 短大・学科内容案内号』(旺文社。2000年5月)440ページより一部引用

関連項目[編集]

関連サイト[編集]